ブログ

【胸下がり(スウェイバック)姿勢のトレーニング・ストレッチ】

2017年6月21日 カテゴリ:スタッフブログ

皆様こんにちは。
コア・カイロプラクティック錦糸町スタッフの矢永です。

前回(胸下がり(スウェイバック)姿勢)の続きでトレーニング・ストレッチについて書かせていただきます。

この姿勢に対する対処法は、筋肉のバランスを解消することです。

硬くなりやすい筋肉のストレッチや、弱くなりやすい筋肉のトレーニングまたカイロプラクティック治療で背骨や骨盤を整えると良いでしょう。

【ストレッチ】
大胸筋:ハムストストレッチ
・胸の筋肉(大胸筋)
壁に肘を当て、肘の位置は固定したまま自分の身体を前へ一歩出すと大胸筋が伸びストレッチができます。しっかりストレッチをしていると肩を後ろに引きやすくなり、肩こりなど改善しやすくなります。

・太ももの後ろの側の筋肉(ハムストリング)
立ち姿勢から伸ばしたい側の足をイスに乗せ、膝を伸ばした状態から、つま先を自分の方へ向けるように足関節を曲げていくと太ももからふくらはぎにかけての後ろ側が全体的に伸ばされます。
また、ハムストリングのみを伸ばす場合は膝を軽く曲げた状態から前傾姿勢をとると伸びやすくなります。

【トレーニング】
レックレイズ,

レックレイズ(股関節太ももの前側の筋肉(腸腰筋/大腿直筋))
まっすぐ仰向けになり足を揃えて天井に向かってゆっくり股関節を曲げてゆくと腸腰筋や腹直筋、また大腿直筋を鍛えられます。(やりにくい場合は膝を曲げると楽になります)
手は頭の後ろで組むかお腹に力が入っていることを意識しつつお腹におくと良いです。
腰が痛くなる場合などは無理をせずにやめてください。

 

テイクバック,

テイクバック(肩甲骨を内側に寄せる筋肉(菱形筋))
うつ伏せで肘を90度曲げた状態で手を上に上げるような姿勢になります。この状態から肩甲骨を背骨の方へ寄せることを意識しつつ肘を浮かせ、10秒ほどキープします。

 

チンタック,

チンタック(アゴを引く筋肉(頸部深部屈筋群))

座りor立ち姿勢から顎に指を当てます。この当てた指から離れるように顎を引き、3~5秒キープします。これを疲れない範囲で数回繰り返してください。

デスクワークなど仕事をしていると頭の付け根が重たくなるような人にもオススメです。

参考にしてストッレッチ・トレーニングをしてみてはいかがでしょうか。

姿勢のセルフチェック
猫背姿勢のセルフチェック
反り腰なタイプのセルフチェック
背骨がまっすぐなタイプのセルフチェック
胸下がりな姿勢のセルフチェック
胸下がりな姿勢(スウェイバック姿勢)のストレッチ/トレーニング

アクセス

  • JR・東京メトロ 錦糸町駅より 徒歩2分
  • 都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分
  • 錦糸町の整体コアカイロ錦糸町 TOP
  • スタッフ紹介
  • 症状別症例
  • 院内・設備紹介
  • アクセス・料金

カイロプラクティックとは

整体とカイロ

治療の流れ

肩こり

腰痛

妊娠中・産後の腰痛

スポーツ外傷

よくある質問

診療科目

診療時間

診療時間
月~金―10:00~21:00
土日祝―09:00~18:00

スタッフシフト

関連施設

亀戸整体院コア
取れない痛みの根本改善、妊娠中、産後の骨盤矯正
亀戸駅徒歩4分
トップに戻る