ブログ

坐骨神経痛と間違われるトリガーポイント

2018.07.14

コラム

以前少し椎間板ヘルニアについてお話したと思いますが、今回は椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛に似た症状を起こす、トリガーポイントについてお話していきたいと思います。

トリガーポイントとは身体に見られる硬いしこりや押すと響くような痛みをだすポイントの事です。トリガーポイントが形成される原因は筋肉への外傷、または持続的・繰り返しのストレスを筋肉に与える事、精神的な負荷などです。そしてこのトリガーポイントの特徴がその患部だけでなく、痛みを他の別の部位に広げる「関連痛」を起こすことで、これが坐骨神経痛と間違われやすい原因になっています。
椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛とは全く異なる障害なので、神経へのブロック注射などを行ったり、必要の無い手術をおこなってももちろん改善しません。的確にこのトリガーポイントが形成されている筋肉を見つけ、それを緩和させていくことで始めて症状改善になります。

カイロプラクティックでとても効果がでる障害ですので、病院で診断がはっきりしない、改善が見られないなどの坐骨神経痛様の症状でお悩みの方は一度カイロプラクティックを受診される事をおススメします。

 

診療時間

診療時間 日/祝
午前
午後

ご予約・ご相談は

03-5819-0955

アクセス

〒130-0013 東京都墨田区錦糸2-5-2 アコビル3F
JR・東京メトロ 錦糸町駅より徒歩2分
都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分

PAGE
TOP