ブログ

老化による腰痛について

2018.06.14

コラム

老化による腰痛について

加齢と共に変化する骨の仕組み

高齢の方の中には腰痛を抱えていたり、
腰が曲がって前かがみの姿勢になっている人もいることでしょう。
加齢と共に姿勢が変化していくこと、
筋力が衰えていくことはどうしようもないことですが、
やはり普段から正しい姿勢を心掛けているだけでも
骨の変形を随分と遅らせることができます。
人は生活の中で無意識に曲がった姿勢を取ってしまいますので、
ここを正しくしていけば骨の衰退を防ぐことができます。
しかし加齢によってすり減った骨や、
曲がってしまった部分を元に戻すことはできませんので、
骨や身体の衰退そのものを
コントロールすることは現実的には厳しいですが、
日頃筋力が衰えないように適度に運動を重ねて、
骨が固まらないようにしましょう。

腰痛になる全ての原因は骨の衰退から

若いうちは身体にも抵抗力や再生する能力が活発に働くので、
生活習慣や運動量を増やすことで
腰痛の改善を目指すことは可能です。
しかし歳を重ねる毎にそれを叶えることは難しく、
やはり筋力や骨は時間と共に元気をなくしていきます。
そのため、ある一定の年齢を迎えれば腰痛になったり、
身体に異変を感じることは仕方のないことでもあるのです。
もちろん日頃から気を付けることで
その危険を回避することに繋がるでしょう。
しかし繋ぎ合わせる骨と骨の部分は
すり減っていくことは間違いありませんので、
身体の負担を軽減したいならば、
自身の将来を見越した生活をしていくことが求められるでしょう。

 

診療時間

診療時間 日/祝
午前
午後

ご予約・ご相談は

03-5819-0955

アクセス

〒130-0013 東京都墨田区錦糸2-5-2 アコビル3F
JR・東京メトロ 錦糸町駅より徒歩2分
都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分

PAGE
TOP