ブログ

腰痛を解消する筋トレ

2018.06.14

コラム

肥満と腰痛の関係

肥満(特にお腹周りについた贅肉)と腰痛は実に密接な関係があります。

立つ。座る。靴紐を結ぶ。
地面に落ちたものを拾おうと前かがみになる…。
こういう日常的に繰り返される何気ない動作の数々が、
腰に負担をかけていきます。
更に、お腹周りに脂肪がついたのに対して、正しい姿勢を保つ為の
筋肉量が不足していると、背中がそり返って背骨が歪んだり、
さらにはひざにも悪い影響が出てきます。

お腹回りは「最初に脂肪がつき、最後に脂肪が落ちるところ」
とよく言われていますが、お腹をつねってちょっと太ってきたかな…と
思いだしたら運動や食事制限などでウエストダウンを図りましょう。

無理な運動はNG

ただ、「腹を凹まそう!」と普段運動をしていない方がいきなり無理な
腹筋運動をしても、逆にお腹や腰を痛めたりする結果になってしまいます。
運動の前には、しっかりと柔軟体操を行い、体をほぐし、有酸素運動などで
体をある程度温めてから腹筋運動をした方が効果的です。

「メタボ」という言葉が広く一般的になるようになってから、
スポーツジムに通うようになった方も多いかと思います。
何か月も通っているのに、思ったより効果が出ていない…
という方もいらっしゃるかもしれません。
繰り返しになりますが、お腹周りの贅肉は最後に落ちますので、
焦らないことが肝心かもしれません。

また、肥満と腰痛は密接な関係があると言っても、
すぐに筋肉がつくわけではありませんので、筋トレをやりつつ、
整体で背骨の歪みを矯正していけばより効果的だと思います。

診療時間

診療時間 日/祝
午前
午後

ご予約・ご相談は

03-5819-0955

アクセス

〒130-0013 東京都墨田区錦糸2-5-2 アコビル3F
JR・東京メトロ 錦糸町駅より徒歩2分
都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分

PAGE
TOP