ブログ

【冷房病について】

2017年7月13日 カテゴリ:スタッフブログ

冷房病

皆様こんにちは。
コア・カイロプラクティック錦糸町スタッフの矢永です。

朝から30度前後になるほど本格的に暑くなってまいりましたが皆様体調の方は崩されていないでしょうか。
今回は暑い時期に増える「冷房病」について書かせていただきます。

冷房病とは冷房の効いた場所に長くいた場合に体調不良を起こしやすい自律神経が乱れる病気です。
これは乳幼児、老人、オフィスなど冷房の強い場所にいることが多い女性に多いのが特徴で、倦怠感や肩こり・頭痛・風邪などの症状を訴えることが多くあります。

【主な症状】
体の冷え、むくみ、疲労感、肩こり、頭痛、
神経痛、腰痛、腹痛、食欲不振、便秘、下痢、
頻尿、不眠、鼻炎、月経不順など。

【原因】
体温調節機能のある自律神経は、5°C以上の急激な気温変化に対処できないため、
これが繰り返されると、自律神経のバランスに異常をきたしてしまい様々な症状を引き起こします。
また冬場の場合、暖房でも同様の温度差はありますが厚着するため体温調節機能が補われるため、
冷房病のような症状をきたすことはほとんどありません。

【対策】
規則正しい生活習慣、ストレスの回避など。
冷房の温度を下げ、外気温との差を5°C以内にする。
冷風が直接身体に当たらないようにする。
軽く汗をかく程度の運動をし、体温調節機能を刺激する。(ウォーキングなど)
熱を作りやすくタンパク質を摂取する。
長時間座る姿勢を取らず、定期的に椅子から立ち上がって軽いストレッチを行う。

それでは冷房病や夏バテなど体調を崩さないよう気をつけて良い夏を過ごしましょう。

【夏バテの原因・予防について】

2017年7月7日 カテゴリ:スタッフブログ

夏バテブログ用

皆様こんにちは。

コア・カイロプラクティック錦糸町スタッフの矢永です。
7月に入り、本格的に夏の気温になってまいりましたが皆様体調の方はいかがでしょうか。

今回は、この季節とても多くなる夏バテの原因と予防について書かせていただきます。

そもそも夏バテとは急な高温多湿な気候の変化に身体が対応できず、食欲減退、怠さ、疲労感などの症状を引き起こしてしまう状態のことをさします。

・原因
主に、生活習慣、食欲の偏り、体内の水分量の低下、エアコンなどにより室内と外との温度差で身体が対応できず体調を壊してしまうことが原因となります。
暑さで水分補給にジュースや冷たい飲み物を大量に飲んでしまうと胃液が薄まるだけではなく冷えから胃の活動が弱まり食欲が落ちてしまいます。
食欲が減ると、身体を動かすためのエネルギー少なくなってしまい怠さや疲労感などを感じやすくなるだけではなく、免疫が落ちてしまい夏風邪など病気にかかりやすくもなってしまいます。
また免疫力を落としてしまう原因として暑ぐるしさから寝つきが悪くなり睡眠不足に陥りやすいことも原因となります。

・予防
生活習慣の一つとして、日頃から運動を行い適度に汗をかく習慣やことや、
スナック菓子や野菜を取らずに揚げ物なを偏りのある食生活やジュースや炭酸・アルコールをよく飲む場合は
夏バテになりやすい体質になってしまうので改善してゆくことが大事です。
また冷房の効いた部屋によくいる、入浴は主にシャワー、睡眠時間が少ない方は要注意です。
栄養素摂取で良いとされるもの:タンパク質、ビタミン、ミネラル、クエン酸、アリシン
夏バテに効果的なビタミンは「ビタミンB1、ビタミンA、ビタミンC」を摂取すると良いとされています。
ビタミンB1は疲労回復の効果があり不足すると疲れやすくなり、ビタミンA・Cは抗体力を高めてくれます。
またクエン酸には筋疲労による乳酸をエネルギーに変える働きがあり、
アリシンにはビタミンB1を効率よく摂取しやすくする働きがあります。

主な食材
ビタミンB1・・・・豚肉、豆類、ごま、うなぎ、カツオ など
ビタミンA・・・・・レバー、うなぎ、イカ、人参、かぼちゃ、にら など
ビタミンC・・・・・ジャガイモ、キウイ、赤・黄ピーマン など
タンパク質・・・・・卵やバターなどの乳製品、肉類、魚、豆類 など
ミネラル・・・・・・海藻類、キノコ類 など
クエン酸・・・・・梅干し、酢、レモン など
アリシン・・・・・ニンニク、玉ねぎ、ニラ、ネギ、らっきょ など

夏バテの予防や回復に効果的な食材は沢山あるのでバランスよく様々な食材を摂取して夏バテにならないよう気をつけましょう。

【胸下がり(スウェイバック)姿勢のトレーニング・ストレッチ】

2017年6月21日 カテゴリ:スタッフブログ

皆様こんにちは。
コア・カイロプラクティック錦糸町スタッフの矢永です。

前回(胸下がり(スウェイバック)姿勢)の続きでトレーニング・ストレッチについて書かせていただきます。

この姿勢に対する対処法は、筋肉のバランスを解消することです。

硬くなりやすい筋肉のストレッチや、弱くなりやすい筋肉のトレーニングまたカイロプラクティック治療で背骨や骨盤を整えると良いでしょう。

【ストレッチ】
大胸筋:ハムストストレッチ
・胸の筋肉(大胸筋)
壁に肘を当て、肘の位置は固定したまま自分の身体を前へ一歩出すと大胸筋が伸びストレッチができます。しっかりストレッチをしていると肩を後ろに引きやすくなり、肩こりなど改善しやすくなります。

・太ももの後ろの側の筋肉(ハムストリング)
立ち姿勢から伸ばしたい側の足をイスに乗せ、膝を伸ばした状態から、つま先を自分の方へ向けるように足関節を曲げていくと太ももからふくらはぎにかけての後ろ側が全体的に伸ばされます。
また、ハムストリングのみを伸ばす場合は膝を軽く曲げた状態から前傾姿勢をとると伸びやすくなります。

【トレーニング】
レックレイズ,

レックレイズ(股関節太ももの前側の筋肉(腸腰筋/大腿直筋))
まっすぐ仰向けになり足を揃えて天井に向かってゆっくり股関節を曲げてゆくと腸腰筋や腹直筋、また大腿直筋を鍛えられます。(やりにくい場合は膝を曲げると楽になります)
手は頭の後ろで組むかお腹に力が入っていることを意識しつつお腹におくと良いです。
腰が痛くなる場合などは無理をせずにやめてください。

 

テイクバック,

テイクバック(肩甲骨を内側に寄せる筋肉(菱形筋))
うつ伏せで肘を90度曲げた状態で手を上に上げるような姿勢になります。この状態から肩甲骨を背骨の方へ寄せることを意識しつつ肘を浮かせ、10秒ほどキープします。

 

チンタック,

チンタック(アゴを引く筋肉(頸部深部屈筋群))

座りor立ち姿勢から顎に指を当てます。この当てた指から離れるように顎を引き、3~5秒キープします。これを疲れない範囲で数回繰り返してください。

デスクワークなど仕事をしていると頭の付け根が重たくなるような人にもオススメです。

参考にしてストッレッチ・トレーニングをしてみてはいかがでしょうか。

姿勢のセルフチェック
猫背姿勢のセルフチェック
反り腰なタイプのセルフチェック
背骨がまっすぐなタイプのセルフチェック
胸下がりな姿勢のセルフチェック
胸下がりな姿勢(スウェイバック姿勢)のストレッチ/トレーニング

【胸下がり(スウェイバック)姿勢のセルフチェック】

2017年6月8日 カテゴリ:スタッフブログ

【胸下がり(スウェイバック)】

皆様こんにちは。
コア・カイロプラクティック錦糸町スタッフの矢永です。
今回は胸下がりな姿勢(スウェイバック)について書かせていただきます。

スウェイバック姿勢

胸下がりのタイプ(スウェイバック)のチェック
◇壁にかかとをつけた時に、背中以外に腰やお尻が壁に当たらない。

これは筋力の弱い女性に多いとされる姿勢で、横から見ると肋骨から後ろにずれているような姿勢です。
背中の湾曲が強いため、見栄えも悪く本来の身長よりも低くなってしまいます。

スウェイバック姿勢は不良姿勢、妊婦、肥満、腹筋の筋力低下、かかとの高いヒールをよく履く、などが原因となり胸下がりな姿勢をつくってしまいます。
身体の筋肉は柔らかい方が良いとされていますが、柔軟性が高すぎるとこのような姿勢になりやすいので筋肉のバランスをとるようにストレッチだけではなくトレーニングも大事になってきます。

この状態が続くと背中の張り感や腰痛、また常に膝が屈曲しているような姿勢をとるため膝への負荷が強くなってしまうだけではなく胸郭の後弯が強くなると関節内の癒着により四十肩や五十肩を起こしやすくなります。
症状が進行してゆくと骨盤が後傾し、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症を起こしやすいので早めに改善していくことが大事です。

次回胸下がり姿勢(スウェイバック)姿勢のトレーニング・ストレッチについて書かせていただきます。

姿勢のセルフチェック
猫背姿勢のセルフチェック
反り腰なタイプのセルフチェック
背骨がまっすぐなタイプのセルフチェック
胸下がりな姿勢のセルフチェック
胸下がりな姿勢(スウェイバック姿勢)のストレッチ/トレーニング

【ハルメク様に取材されました】

2017年6月8日 カテゴリ:スタッフブログ

皆様こんにちは。
コア・カイロプラクティック錦糸町スタッフの矢永です。

スクリーンショット 2017-06-08 18.46.57
ハルメク(旧:いきいき)←記事はこちらからごうぞ

先日、ハルメク(旧:いきいき)様に当院の石田先生が取材された際の記事を載せていただいてます。
太ももの筋肉(大腿四頭筋)のバランスが悪く膝のお皿を痛めてしまっている方に効果的なスパッツです。
また股関節の動きもサポートしてくれるため、腰への負担も少なくなります。
メッシュ素材なので通気性もよく蒸れにくい素材になっているのでこの時期はとても嬉しいですね。
是非膝でお悩みでしたら一度使用してみてはいかがでしょうか。

【背骨がまっすぐなタイプのセルフチェック】

2017年5月31日 カテゴリ:スタッフブログ

皆様こんにちは。
コア・カイロプラクティック錦糸町スタッフの矢永です。
前回【猫背姿勢の姿勢チェック】 【反り腰のチェック】というブログを書かせていただきましたが、
今回はもう2タイプの 背骨がまっすぐなフラットバックタイプの姿勢について書かせていただきます。

背骨がまっすぐなタイプ(フラットバック)
◇壁にカカトを付けて立ち、腰と壁に隙間が全くない

壁と腰との隙間がない場合、背骨がまっすぐ湾曲のない状態が考えられます。
S字のカーブがなく、重力を逃せない分背骨への負担はとても大きくなります。
またこれが原因となり、全体的に背骨の柔軟性が落ちてしまうと肩こりや腰痛だけではなく、酷くなると寝違えやぎっくり腰を起こしやすくなり、更に骨盤が傾きやすくお尻が垂れやすくなります。
肩周囲や腰・骨盤周囲の関節、また筋肉の調節をしなければなかなか改善しないタイプです。

五月分ブログ③

ストレッチ
・大胸筋のストレッチ
猫背姿勢のセルフチェック同様に壁に肘を当て、肘の位置は固定したまま自分の身体を前へ出すだけでも大胸筋のストレッチができ、肩が後ろに引きやすくなります。
・腹筋のストレッチ
うつ伏せになり、肘を曲げ手を床に着きます。
この状態からゆっくり腕を伸ばし、上体を反るように起こしていきます。
※上体を起こす際はゆっくり息を吐きながら行なってください。
一日、10秒×10セットおこなうと良いでしょう。

しっかり筋肉のストレッチを行い、背骨の柔軟性もしっかり出すことで改善していくでしょう。
また普段の姿勢の見直しや治療・ストレッチをしっかり行えば改善してゆくので早めに相談しましょう。

次回は胸下がりな姿勢のセルフチェックについて書かせていただきます。

姿勢のセルフチェック
猫背姿勢のセルフチェック
反り腰なタイプのセルフチェック
背骨がまっすぐなタイプのセルフチェック
胸下がりな姿勢のセルフチェック
胸下がりな姿勢(スウェイバック姿勢)のストレッチ/トレーニング

【反り腰姿勢のセルフチェック】

2017年5月19日 カテゴリ:スタッフブログ

皆様こんにちは。
コア・カイロプラクティック錦糸町スタッフの矢永です。
前回【猫背姿勢のセルフチェック】というブログを書かせていただきましたが、今回は反り腰のチェックについて書かせていただきます。

反り腰チェック
◇普段の姿勢でまっすぐ立った状態で背中全体を壁につけ壁にかかとをつけて立った時、腰と壁との隙間が手のひら2枚分以上できる

手のひら1枚分の隙間が理想ですが、手のひら2枚分入るようであれば反り腰の可能性が強いです。
腹筋の筋肉より大腰筋という筋肉が相対的に強い場合に見られやすい姿勢です。
女性に多く腹筋が全くできない方は要注意です。
この反り腰のタイプは腰骨の関節が上下でぶつかりやすく不安定になりやすい分、周囲の筋肉は安定させようと筋肉の緊張が強くなりやすく腰痛の原因にもなりやすいです。
このタイプはしっかり大腰筋のストレッチやキャットキャメルといった背骨の柔軟性を出すようなストレッチやカイロプラクティック治療を行うことで改善傾向が見られます。

ストレッチ反り腰
・大腰筋のストレッチ
大腰筋の伸ばしたい側で膝立ちをし、身体を前へ出すとストレッチできます

・キャットキャメル
両膝立ちの姿勢から両手を肩幅ほど広げて床に付け、呼吸のタイミングに合わせて猫のように背中を丸めたり反ることでストレッチできます。

呼(息を吐くタイミング)のポイント
ゆっくり息を吐きながら、猫のように背中を丸めて行く、お尻から頭にかけてゆっくり反るイメージ(この
時お腹に力を込めて腹筋を使うイメージ)

吸(息を吸うタイミング)のポイント
ゆっくり息を吸いながら、お腹を前に突き出すように背中を反ってゆく

普段の姿勢の見直しや治療・ストレッチをしっかり行えば改善してゆくので早めに相談しましょう。

次回、背骨がまっすぐなフラットバックタイプの姿勢について書かせて頂きただきます。

姿勢のセルフチェック
猫背姿勢のセルフチェック
反り腰なタイプのセルフチェック
背骨がまっすぐなタイプのセルフチェック
胸下がりな姿勢のセルフチェック
胸下がりな姿勢(スウェイバック姿勢)のストレッチ/トレーニング

【猫背姿勢のセルフチェック】

2017年5月17日 カテゴリ:スタッフブログ

皆様こんにちは。

コア・カイロプラクティック錦糸町スタッフの矢永です。

5月に入り暖かくなってまいりましたが皆様お身体の調子はいかがでしょうか。

今回は猫背姿勢について書かせていただきます。

普段自分がどのような姿勢になっているのか気になったことはありませんか?
いくつかポイントを押さえておくと自分でも姿勢をチェックできるので参考にしてみてはいかがでしょうか。

猫背チェック(猫背)
腕を身体の横に自然と垂らした時に、手のひらが自分の身体の方を向かず後ろを向く
同じく腕を垂らした時に手の位置が身体の横ではなく前に行っている
カカトを壁につけてまっすぐ立って見た時に頭が壁につかない

これらは大胸筋や上腕二頭筋が縮こまっている状態になると起きやすい現象です。

筋肉を使いずぎて緊張している場合やもしくは肩が前に行くような姿勢を続けてしまい筋肉が短くなっている時にこのような状態になってしまいます。

これはデスクワークやスマホいじりが多い方に起こりやすい姿勢です。

肩が前に出る分、背中の筋肉は伸ばされてしまいコリ感や張り感を感じやすくなってしまうだけではなく、背骨の柔軟性も落ちてしまい背中が丸くなってしまいます。

大胸筋のストレッチ
大胸筋ストレッチ

壁に肘を当て、肘の位置は固定したまま自分の身体を前へ出すだけでも大胸筋のストレッチができ、肩が後ろに引きやすくなります。
また、カイロプラクティック治療で猫背矯正を行い背骨の柔軟性も出すことで、背中のコリ・張り感の改善していきます。
普段の姿勢の見直しや治療・ストレッチをしっかり行えば改善してゆくので早めに相談しましょう。

次回、反り腰のチェックについて書かせていただきます。

姿勢のセルフチェック
猫背姿勢のセルフチェック
反り腰なタイプのセルフチェック
背骨がまっすぐなタイプのセルフチェック
胸下がりな姿勢のセルフチェック
胸下がりな姿勢(スウェイバック姿勢)のストレッチ/トレーニング

【急性腰痛について勉強会をしてきました】

2017年4月28日 カテゴリ:スタッフブログ

 

スクリーンショット 2017-04-28 11.31.38

コア・カイロプラクテック錦糸町スタッフの矢永です。

先日、亀戸整体院コアにて急性腰痛の勉強会をしてきました。

急性腰痛についての基礎知識の復習や患者様の痛みを感じさせないような体勢の変え方、
注目すべきポイントや注意するべきポイント、治療法やテーピングなど
患者様に提供できる様々な技術を学んできました。

可動域の低下は炎症を起こしやすく痛みの原因となり、痛みは交感神経の活動を活発にしてしまうので筋肉は硬くなります。
筋肉が硬くなると更に可動域は狭くなり → 痛み → 交感神経↑ → 筋肉過緊張 → 可動域↓ → ・・・・・

このように負のサイクルができてしまいます。

翌日には治っていると思って腰痛を放置していると更に悪化する可能性があるので、酷くなる前にしっかり治療を受けましょう。

また普段から腰痛を起こさないようにメンテナンスやストレッチを
心がけていきましょう。

【PC作業中の姿勢について】

2017年4月27日 カテゴリ:スタッフブログ

gatag-00009370

皆様こんにちは。

コア・カイロプラクティック錦糸町スタッフの矢永です。

新年度を迎え、新入社員となり新生活を送り始める方も多いかと思います。

中でもデスクワーク作業が主という方が多いと思おうので、肩こりや猫背にならないように予防するポイントをいくつか紹介したいと思います。

PC作業中のポイント
①PCモニターの位置
PCモニターは目線と同じ高さにあるのが理想的です。
また、デスプレイと目線の距離は40cm以上離れていると尚良いです。
モニターが目線の下などにあると自然と頭は前に倒れてしまい、首の後ろ側の筋肉が頭が倒れ過ぎないように常に支える状態となるため、首回りのコリ感や疲労感を感じやすくなります。

②椅子の高さ
椅子の高さは、腕を下に垂らした状態から肘だけを90度曲げた時に机に前腕(肘から先の腕)が机に乗る高さに合わせると理想的です。
またこの時、しっかり足裏全体が床についていると尚良いです。

③キーボードの位置
キーボードの位置は、②の机に腕が乗っている状態から肩が前に出さなくても届く位置にあるのが理想的です。
前に出した状態で作業していると巻き込み肩の姿勢のまま筋肉が固まってしまうので気をつけましょう。

本来はデスクトップでの作業だとモニターやキーボードの位置を変えれるので良いのですが、ノートPCで作業されている方も多いと思います。
ノートPCの場合可能であれば、本体を目線の高さになるようにラックなどに引っ掛けたり台の上に乗せて目線の高さまで合わせ、キーボードは外付けのタイプやBluetoothの無線で操作できるようなものを使うと良いでしょう。

また長時間、座ったまま作業していると腰痛の原因にもなります。
腰や背中のクッションとして姿勢をサポートしてくれるバックジョイなどもおすすめです。

それでは正しい姿勢で身体の負担を減らしていきましょう。

1 2 3 4 5 6 7 8

アクセス

  • JR・東京メトロ 錦糸町駅より 徒歩2分
  • 都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分
  • 錦糸町の整体コアカイロ錦糸町 TOP
  • スタッフ紹介
  • 症状別症例
  • 院内・設備紹介
  • アクセス・料金

カイロプラクティックとは

整体とカイロ

治療の流れ

肩こり

腰痛

妊娠中・産後の腰痛

スポーツ外傷

よくある質問

診療科目

診療時間

診療時間
月~金―10:00~21:00
土日祝―09:00~18:00

スタッフシフト

関連施設

亀戸整体院コア
取れない痛みの根本改善、妊娠中、産後の骨盤矯正
亀戸駅徒歩4分
トップに戻る