ブログ

マタニティ整体で産前産後の首の痛みを軽減

2018.07.27

コラム

妊娠中の姿勢や寝ている体勢で首を痛めてしまう

妊娠中はお腹が大きくなり、背骨のカーブが変化することで、
ストレートネックになってしまう危険があります。
ストレートネックになると、首周りへの負担が継続的にかかり、首の痛みだけでなく、
肩こりや頭痛、めまいを引き起こすこともありますが、
お腹に赤ちゃんがいるので不用意に薬を飲むこともできません。
また、妊娠中は女性ホルモンの状態が大きく変わり、その影響で関節がゆるくなります。
頸椎も不安定な状態になるので、首に無理な負荷がかかってしまうと、
普段より損傷しやすく痛みを伴うケースも多くなるでしょう。
特に、お腹がせり出してくる8カ月過ぎから臨月にかけては、
お腹が苦しくて仰向けに寝ることができず、どうしても横向きに寝ることになるので、
枕の位置や高さ、左右に偏った寝方が続きアンバランスになり、
寝ている間に首に負荷がかかり、寝違えたり痛めたりするので注意が必要です。

産後の疲れや育児中心の生活の変化による首の痛み

出産後は、今までの生活がうそのように生活が一変します。
赤ちゃんの世話が中心となり、今までしなかった態勢や、
思いもかけないところに負荷がかかる生活になるのです。
その一つが首です。
授乳やおむつ交換が多くなるため、一日のうちでも下を向いたりする時間が長くなり、
首を知らず知らずのうちに痛めてしまっています。
また、子どもの添い寝で横向きに寝たり、長時間の抱っこやおんぶで体が歪みがちです。
そして夜泣きや不規則な睡眠時間によって疲れがたまっていても、
休む時間もないため、筋肉を痛めて炎症が起きてしまうこともあります。
無理を続けていくと、悪化していく一方で育児にも悪影響になる可能性もあるので、
早めのケアをおススメします。

墨田区、江東区、台東区、中央区でマタニティ整体、妊娠中の首の痛み、産後のケアマッサージ、
産後の歪みや首の痛みなどでお悩みの方は是非当院へお問い合わせください。
コア・カイロプラクティック錦糸町では、
「ママさん応援プロジェクト」もありますので安心して来院していただけます。

診療時間

診療時間 日/祝
午前
午後

ご予約・ご相談は

03-5819-0955

アクセス

〒130-0013 東京都墨田区錦糸2-5-2 アコビル3F
JR・東京メトロ 錦糸町駅より徒歩2分
都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分

PAGE
TOP