ブログ

坐骨神経痛 お尻の痛み(38歳 男性)

2018.09.15

症状別事例

【主な症状】

①前後屈両方で痛みが出る。
②長く座っているとも腰~右殿部が痛くなり、もじもじ動きたくなる。

【問診】

仕事上、長時間の会議が多く、座っていることが多いです。ここ最近長く座っていると右側の腰が痛 くなり、その後右の殿部が痛くなって来ます。以前はこのような症状が出たことが無いので心配で来 院しました。

【治療と経過】

右の仙腸関節のゆがみから来ていると判断し、右の仙腸関節の周囲の殿筋群や腰部の筋肉へ緩和操作 を行い、右の仙腸関節のゆがみを取りました。その場では症状がすっきりしました。しかし、2日後 ぐらいからまただんだんと痛みが出てきました。2~3回の治療で改善していましたが、長い会議の 中で、座り方によっては、非常に痛みを出すことから、まだ1週間に1度のペースで来て頂きました
。5~6回で痛みの出方が腰だけになりました。2週間に1度のペースでしっかり固まった腰の筋肉 をゆるめるように治療をすることで、長い会議にも調子よく向かえるようになりました。現在は3週 間に1度のペースでメンテナンスを行っています。

【カイロプラクターからのコメント】

今回の症状は、長い会議によって起こりました。本当に一日中じっとしているような会議が多く、そ の際、右側に片寄るようにして右側だけに体重をかけている姿勢が長かったようです。そのため骨盤 のゆがみが生じて右側の殿部や腰に負担をかけやすい状態になっていました。
また椎間板(腰のクッション)に対しての負担は立っている時より、座っている時に多くかかる事が 分かっています。
つまり出来る限り、左右対称に体重をかける。そして、じっと座っている時間を減らして行くような 対策で腰痛は起こりにくくなるはずです。
これからは姿勢など少し気にしてみてください。
それでも解決しない時は錦糸町の整体、コア・カイロプラクティック錦糸町にご相談下さい。

 

診療時間

診療時間 日/祝
午前
午後

ご予約・ご相談は

03-5819-0955

アクセス

〒130-0013 東京都墨田区錦糸2-5-2 アコビル3F
JR・東京メトロ 錦糸町駅より徒歩2分
都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分

PAGE
TOP