ブログ

【夏の脳血栓症の予防について】

2018.07.17

コラム

皆様こんにちは。

コア・カイロプラクティック錦糸町スタッフの矢永です。

さて、今回は7~8月のこの時期に多くなる疾患として「脳血栓症」を紹介させていただきます。

この脳血栓症とは、脳そのものの血管が狭くなったり、血栓(血でできた塊)が脳の血管内に詰まってしまい脳が機能しなくなってしまう疾患です。
根本には動脈硬化症など血管が硬くなっていることが原因となりますが、夏場に多い理由として汗のかきすぎで体内の水分が少なくなり血の流れが悪くなることで血管が詰まりやすくなります。
また扇風機や冷房など効きすぎた環境などで直接風に当たっていると血液を固めてしまい血栓を作りやすくなってしまうため脳血栓症を発症しやすくなります。

予防
夏の脳梗塞は主に脱水症状が引き金に発症します。脱水症状にならないように水分補給には気をつけましょう。

〈水分補給のタイミング〉
・扇風機やエアコンの効き過ぎた部屋に長居している時:エアコンなど効き過ぎている部屋は乾燥しやすいため、気付かないうちに体内から少しずつ水分は飛ばされていきます。
・外出する際はこまめに水分補給:水分補給しても全身に浸透するまで約15分かかります。すぐに血液がサラサラになるわけではないので汗をかいていなくてもこまめに水分補給はしていきましょう。
・トイレの際に尿の色が濃くなっている:水分不足の可能性があります。
・アルコールの飲み過ぎ:利尿作用があるため、ついつい体内の水分を失いがちです。お酒を飲む場合はしっかり水分補給をしつつ楽しく飲みましょう。
・起床時/睡眠時に水分補給:人は睡眠時約200cc(約コップ一杯程度)の汗をかきますが真夏の熱帯夜の場合それ以上に汗をかくことも珍しくはありません。

また、そもそも脳血栓症とは根本に動脈硬化のある場合、発症するリスクが高まる疾患です。

また適度な運動習慣があると動脈硬化のリスクも下がりやすく、脱水症状も起こりにくくなるので習慣つけると良いでしょう。

 

診療時間

診療時間 日/祝
午前
午後

ご予約・ご相談は

03-5819-0955

アクセス

〒130-0013 東京都墨田区錦糸2-5-2 アコビル3F
JR・東京メトロ 錦糸町駅より徒歩2分
都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分

PAGE
TOP