ブログ

肩こりと睡眠不足の意外な関係

2018.06.14

コラム

肩こりの人で、睡眠不足の人はいませんか?
逆に、睡眠不足の人で、肩こりの人はいませんか?
実は、肩こりと睡眠不足には意外な関係があります。

磁気と健康の研究会の調査

慢性肩こりと睡眠障害の相関関係を明らかにしたのは、
磁気と健康の研究会です。
磁気と健康の研究会とは、東洋医学と西洋医学に通じた専門家、
メンタルヘルスと睡眠についての専門家によって発足した研究会です。
2012年に磁気と健康の研究会は「『慢性肩こり』と『磁気』に関する意識調査」をしました。
ここでいう「慢性肩こり」の人とは、「週に1回以上肩こりを感じている人」です。
同研究会の調査結果では、全ての質問に対して、
「慢性肩こりの人」は睡眠障害などがあると回答していることが明らかになりました。

具体的に説明しましょう。

  • 第一に、「慢性肩こり」の人は、肩こりの無い人に対して、
    入眠障害=「寝付きが悪いことが多い」が約2倍多いという結果が出ました。
  • 第二に、中途覚醒=「夜中に何度も起きてしまう」は1.6倍でした。
  • 第三に、熟眠障害=「朝起きたときによく寝た感じがしない」は1.3倍でした。

以上の調査により、「慢性肩こり」と睡眠障害には相関関係があることが分かります。
また、この調査では睡眠障害と日中の生活の質の悪化との相関関係も確認されました。
日中の生活の質の悪化とは、例えば、集中力が途切れたり、
イライラすることが多いなどを指します。

診療時間

診療時間 日/祝
午前
午後

ご予約・ご相談は

03-5819-0955

アクセス

〒130-0013 東京都墨田区錦糸2-5-2 アコビル3F
JR・東京メトロ 錦糸町駅より徒歩2分
都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分

PAGE
TOP