ブログ

緊張型頭痛とは?

2018.06.14

コラム

緊張型頭痛とは?

機能性頭痛の一つで、日本人の約20~30%の人がこの緊張型頭痛になるといわれ、
最も多く認められる頭痛です。
よく、
「肩が凝って頭が痛い」
とか、
「朝起きると必ず頭が痛い」
という人がいますが、完全に緊張型頭痛です。
毎日のことで慢性的になり、慢性頭痛の中でも1番多いタイプです。

緊張型頭痛の症状

緊張型頭痛の具体的な症状としては、

  1. 毎日同じような頭痛がおこる。
  2. 肩や首のコリが常にある。
  3. 頭全体がきつめのヘルメットを被ったようだ。
  4. ちょっとしためまいがする

といったものが多く、痛みとしては鈍く、薬を飲んだりして、
生活はなんとか普通には送れる、という人がほとんどです。
このような症状が何日か続きます。

緊張型頭痛の原因

緊張型頭痛は、ストレスが一番の原因といわれています。
ストレスの中でも、同じ体勢や不自然な体勢をずっと続けていたり、
寝ている体勢や枕が合わないなどの身体的ストレスと、
仕事や学校、人間関係、家庭のトラブルなどの精神的ストレスがあります。
その他にも、運動不足や睡眠不足も原因となります。

緊張型頭痛の特徴

ストレス、運動不足や睡眠不足によって、頭、首から肩、背中の筋肉が緊張します。
そして、筋肉の緊張が原因で血流が悪くなり、筋肉の中に老廃物がたまります。
それが周りの神経を刺激して、締めつけられるような鈍痛を引き起こすのです。
そして、神経の緊張が毎日続くと、脳が痛みをコントロールできなくなり、
筋肉が緊張していなくても頭痛が起きるケースもあります。

 

診療時間

診療時間 日/祝
午前
午後

ご予約・ご相談は

03-5819-0955

アクセス

〒130-0013 東京都墨田区錦糸2-5-2 アコビル3F
JR・東京メトロ 錦糸町駅より徒歩2分
都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分

PAGE
TOP