ブログ

肩こりと歯痛の関係性

2018.06.14

コラム

肩こりと歯痛の関係性

なぜ肩がこると歯が痛くなるのでしょうか?
肩こりの原因がわかれば、その関係性も見えてきます。
中には病気が原因の肩こりもありますが、
肩こりの原因の大多数は姿勢の悪さといっていいでしょう。
デスクワークや車の運転では頭が前に傾きがちになり、
まっすぐに頭が乗っている状態に比べて首や肩に負担がかかります。
その筋肉が緊張した状態を長時間維持することで、
凝りにつながるのです。
特に猫背の方はずっと首や肩に負担をかけ続けているため、
肩こりになりやすいのです。
実は、肩こりによる歯痛の原因も姿勢の悪さが原因。
首が前に傾くことで下あごが引っ張られ、
上の歯と下の歯の噛み合わせが悪くなります。
そのため、肩こりによる歯の痛みがある方は
同時に歯が浮くような感じを訴える方が多いのです。
噛み合わせが悪くなれば無理に噛もうとするため痛みを発し、
さらなる肩こりを引き起こしてしまう悪循環が生まれます。

肩こりから来る歯痛の治療方法                            

肩こりによる歯痛および歯が浮いた感じがする違和感は、
下あごが引っ張られ続けている状態が原因ですから、
その状態を元に戻すことが一番の治療方法です。
つまり、体の歪みを正し、姿勢を正して生活することです。
整体を受けただけで歯痛が改善したという例もたくさんあります。
ちなみに、歯の痛みから来る肩こりは、
痛みを避けるために偏った噛み方をし続けることで発生します。
放置すると肩こりによって頭痛も併発する可能性があります。
さらに、歯を治療した後でも今度は肩こりで歯が痛い
という状態になりかねないため、
いずれにしても肩こりと歯の痛みを併発した場合は
整体治療を受けることが望ましいと言えます。

 

 

診療時間

診療時間 日/祝
午前
午後

ご予約・ご相談は

03-5819-0955

アクセス

〒130-0013 東京都墨田区錦糸2-5-2 アコビル3F
JR・東京メトロ 錦糸町駅より徒歩2分
都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分

PAGE
TOP