ブログ

肩こりの原因となる冷え性を対策する

2018.06.14

コラム

肩こりの原因となる冷え性を対策する

冷え性は肩こりの原因に

冷え性だと、血流が悪くなります。
人間の体は冷えると、血管を収縮させて、
体の奥の熱を逃がさないように出来ています。

これは体を緊張させる交感神経の作用によるものです。
交感神経は自律神経の一つです。
自律神経には、体を緊張から解放させる副交感神経もあります。
しかし、冷え性だと交感神経ばかり作用します。
そうすると、血管が収縮し血流が悪くなります。
その結果、全身に酸素や栄養分が十分に運ばれなくなります。

冷え性による血流の悪化は、肩こりの原因にもなります。
特に長い時間、同じ姿勢でパソコンの前に座り続けたりすると、
肩こりになり易くなります。
血流が悪くなり、筋肉も固まってしまいます。
その場合、頭を支えている首と肩に負担がかかります。
首や肩の血流が悪くなると、大切な脳に酸素や栄養分が運ばれなくなります。
その為、冷え性の対策をして、肩の血流を良くすることが必要になります。

冷え性の対策

① シャワーで済まさずしっかり温かいお風呂に入ること。
② 「陽性」の食べ物を食べること。
例えば、かぼちゃ、ごぼう、にら、ネギ、レンコン、ニンジンなど。
③ 冷えないような衣服を身に付けること。
例えば、マフラーや重ね着など。
④ 血流をよくする為に運動をすること。
⑤ 睡眠をしっかり取ること。

 

診療時間

診療時間 日/祝
午前
午後

ご予約・ご相談は

03-5819-0955

アクセス

〒130-0013 東京都墨田区錦糸2-5-2 アコビル3F
JR・東京メトロ 錦糸町駅より徒歩2分
都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分

PAGE
TOP