ブログ

腰痛と足のしびれの関係について

2018.06.14

コラム

腰痛と足のしびれの関係について

腰痛が原因で起こるしびれ

腰痛は腰だけにくる痛みだけとは限りません。
中にはお尻から足にかけてしびれや痛みを伴う症状もあり、
自覚症状としてそれがでてくるようであれば
腰痛以外の可能性を疑ったほうがいいでしょう。
例えば足などにしびれがくる場合は、
背骨の変形によって神経に
異常をきたしていることが考えられます。
神経が圧迫、もしくは刺激されると、
腰痛だけではなくその他の場所にまで痛みを感じるようになり、
更に深刻な事態になる前に医療機関に受診するようにしましょう。

お尻や足にしびれを感じる病気とは

腰痛以外の可能性として、足やお尻にしびれを感じる
病気がいくつか存在します。
例えば坐骨神経痛は片足にしびれや痛みを感じるようになり、
圧迫によってふともも、ふくらはぎ、かかと、
足の裏まで痛みを感じるようになります。
また腰椎椎間板ヘルニアは、
腰痛から始まり身体の片側部分に
少しずつ痛みを感じるようになります。
次第に足にしびれや痛み、太ももに
重りを付けられているような鈍痛、腫れなどを伴うようになります。
上記2種類はどちらも多くみられる病気であり、
早急な治療が求められるものです。

またこれらの原因として考えられるのは、
骨の神経が圧迫されて広い範囲でしびれる、
外傷などによって椎間板そのものが腫れてくる、
または飛び出してくるなどです。
放置しておくと神経そのものが侵されてしまい、
筋力の低下や神経に多大な影響を及ぼす可能性もありますので、
気を付けて頂きたいと思います。

 

診療時間

診療時間 日/祝
午前
午後

ご予約・ご相談は

03-5819-0955

アクセス

〒130-0013 東京都墨田区錦糸2-5-2 アコビル3F
JR・東京メトロ 錦糸町駅より徒歩2分
都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分

PAGE
TOP