ブログ

歩き方が原因の腰痛について

2018.06.14

コラム

腰を鍛える

姿勢同様、歩き方が悪いとそれだけで腰に負担がかかり腰痛になる原因を
作ってしまいます。
人は1日に使われる筋肉がほとんど決まっていますので、
毎日決まった歩数や運動をこなしていると使われる筋肉は一定でしかありません。
また同じ筋肉を使って歩き方が悪いままでは腰の負担は軽減されないため、
少し使う筋肉を変えてみるとよいでしょう。

動きを変えて筋肉を使う

動きを変えるだけで、違った部分の筋肉を使用し腰を鍛えることが可能になります。
さらに、毎日すごく歩いているつもりの人でも筋肉そのものは使用しているのに
身体はあちこち固まったままということもあります。
これは本来必要とされる筋肉の動きや身体全体の運動量がまだまだ足りていないという証拠で、
近くを散歩したから、出掛けて歩き回ったから、というくらいでは身体を鍛えることには
繋がりません。

歩き方を変えてみる

腰痛や肩こりが軽減されない場合は歩き方を意識してみるのもいいでしょう。
歩いている時の姿勢が悪いと腰痛だけではなく外反母趾やO脚など、
あらゆる症状を引き起こします。
そのような事態を避けるため、普段より少し歩くスピードをアップさせて、
肘を軽く振りながら肩で息をしないのが理想的な歩き方です。
また顔を下に向けたり手をポケットに入れたりすると、どうしても姿勢が崩れてしまうので、
歩き方を改善するためにもこの方法をマスターしましょう。
日頃から歩き方と筋肉の使い方に気を付けて、腰痛に苦しまない身体づくりを目指しましょう。

 

診療時間

診療時間 日/祝
午前
午後

ご予約・ご相談は

03-5819-0955

アクセス

〒130-0013 東京都墨田区錦糸2-5-2 アコビル3F
JR・東京メトロ 錦糸町駅より徒歩2分
都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分

PAGE
TOP