ブログ

靴と腰痛の関係

2018.06.14

コラム

腰痛の原因は運動不足や姿勢だけに限定されたものではなく、
歩き方とも深く関係があります。
歩き方というのは人それぞれに特徴があり、
靴はその歩き方を大きく左右すると言っても良いものです。
というのも、単純にヒールを履いているから歩き方が
正しくなくなるといった問題ではなく、
靴が足にフィットしているのか、靴を履いて違和感を感じないか、
といった点が重要になります。
例えば高いヒールの靴を履いたとしても、
背筋が伸びて正しい歩行ができていれば、
その靴には問題はありません。
これとは逆に、低いヒールの靴でも
歩行が正しい状態で行われていなければ、
足との相性が悪い靴となってしまうわけです。
靴との相性は履きなれているかどうかの違いもありますが、
歩き方にダイレクトに影響を与える要素となるので、
足に違和感を感じたり姿勢がゆがんでしまうようであれば、
靴を変えることをお勧めします。

腰痛になりにくい靴とは

靴によって歩き方や身体のバランスが変わり、
それが腰痛につながるというのはお分かり頂けたかと思いますが、
では腰痛になりにくくするための靴とは一体どのような
ものなのでしょうか。
まず第一に挙げられるのが、足の負担を軽減してくれる
弾力性のある靴です。
特に靴底が安定していてしっかりダメージを吸収してくれる素材が
使用されていれば、腰痛のリスクを大幅に減らすことができます。
また靴自体が柔らかい素材である場合は、
足が靴の中にぴったりと納まらずに動いてしまうことがあるので、
ある程度頑丈で硬めの構造になっている靴を選ぶと
足が固定されて歩行もバランスよく行うことができます。
腰痛を避けるためには底が平らなものがベストですが、
ヒールのある靴を履きたい場合は、
足を固定できるストラップ付きのデザインを選ぶと
足が疲れにくくなります。

 

 

診療時間

診療時間 日/祝
午前
午後

ご予約・ご相談は

03-5819-0955

アクセス

〒130-0013 東京都墨田区錦糸2-5-2 アコビル3F
JR・東京メトロ 錦糸町駅より徒歩2分
都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分

PAGE
TOP