症例報告

31才 女性 雪道で転倒した際に首を痛めた

2015年4月2日 カテゴリ:

【主な症状】
上を向こうとすると首〜肩に掛けて左側に痛みが出る
右背中の痛み
左腰〜太もも、ふくらはぎの痛み

【問診】
3日ほど前に雪道を歩いていた際に足を滑らせ、転倒しました。その際に踏ん張ったことがおそらく原因ではないかと思うのですが、首が痛くなってしまいました。
また、それに伴うものかは不明ですが、頭痛も左側頭部に出ています。

【治療と経過】
来院時に行った検査では、関節の捻挫や靭帯の問題ではなく、筋肉が硬縮(硬く縮んだ状態)が原因で痛みを出していると判断しました。
頚部〜背部の筋肉に軽度の緩和操作を行ない、上肢の緩和操作も行いました。その後に下肢から股関節周囲の緩和操作を行い、骨盤〜背骨の矯正を行いました。
8〜9割、改善したとの報告を受けましたが、若干の痛みと違和感があるようなので1週間後に再度来院していただく予定です。
また、大胸筋と上腕二頭筋の緊張が起こりやすいので、その部位のストレッチも指導しました。

【カイロプラクターからのコメント】
この方は以前から来院されている方なのですが、今回はこの方に起きたことがない症例だったので報告をさせて頂きました。
状態としてはいわゆる『寝違え』の様な感じだと思われます。ご本人が仰る様に転倒時に踏ん張ったことで、全身の筋肉を硬直させたことが原因だと思われます。
『足を滑らしたのに、なぜ首?』と思う方もいらっしゃると思いますが、十分ありえることです。筋肉はそれぞれ付着する場所が違いますが、筋肉を包んでいる筋膜は全身で一枚布のようになっています。なので、下半身で発生した筋膜の異常が首周囲に影響を与えることは十分考えられます。
また、運動力学的な観点からでも起こりえる話です。左ひざを曲げずに前にキックをすると右の腰に力が入ります。それを支えるために左背中の中部〜上部に力が入ります。この時に首を前に倒すと首〜肩甲骨周辺に伸ばされる様なストレスが掛かります。
この方の体はこの動きを一瞬で行ったために過度の収縮と伸張を起こしてしまったが為に、首に痛みを出してしまったと考えられます。

普段、デスクワークで体を固めている方は同じような痛みを出してしまう可能性があります。
ストレッチや体操を行うことで予防することは十分可能です。
やり方が分からないという方はぜひ一度コアカイロ錦糸町にお越し下さい。

21才 女性 真上を見る動作をすると首と背中が痛む

2014年11月14日 カテゴリ:

【主な症状】
①真上を見る動作をすると首と背中に痛むが出る
②左の腰が痛む
③足全体の疲れ
④足の裏の痛み

【問診】
2ヶ月ほど前からうがいをする様な動作で首と背中に痛みが出るようになりました。最近では、座っているときにも背中が痛むようになりしんどいです。
整形外科を受診したらストレートネックと背骨が曲がっていると診断され、湿布と痛み止めを処方されました。ですが、あまり効果を感じません。
今年の4月から美容師として働いているのですが、仕事中は基本的に立っており、足の裏の痛みや足全体の疲れも抜けず、そちらもどうにかしたいと考えています。

【治療と経過】
初回の施術では、腰周辺からもも裏、ふくらはぎの筋肉の緊張がかなり高く、ガチガチに固まっていました。下半身をメインに全身の緩和操作を行い、背骨全体の矯正を行いました。また、下半身の緊張がかなり強いので、自宅や職場で出来るストレッチを指導しました。
2回目の施術は1週間後に行いました。下半身の緊張は初回に比べて軽減しており、首の可動域も改善の傾向にありました。ですが、まだ上を見る動作をすると背中が少し痛いとのことなので、背中と首の矯正をおこなった後に肩甲骨周囲と胸筋のストレッチを指導しました。
3~5回目の施術は2週間ごとに行いました。徐々にですが、痛みの程度が軽くなり5回目の施術時はほとんど痛みは無くなったとのことでした。
現在も3~4週間に1度のペースでメンテナンスを受けに来院して頂いています。

【カイロプラクターからのコメント】
この方も典型的な猫背でした。学生の頃からあまり姿勢はよくなかったようです。その状態で立ち仕事を始めていたことになるのですが、足の疲れや負担が大きくなったことが今回の症状の原因になったと考えられます。ふくらはぎやもも裏の筋肉は骨盤の動きに大きく関係しますが、日々の仕事の疲れで徐々に下半身の筋肉が緊張していき、骨盤の動きを制限してしまったことが推測できます。
そこにもともと持っていたであろうストレートネックによる負担が背中に現れたのではないかと考えています。背中の筋力も低下していることも確認していますので、女性でも簡単にできる筋トレを今後は行って頂く予定です。

33才 女性 首の付け根~肩にかけての痛みと頭痛

2014年11月8日 カテゴリ:

【主な症状】
①首の付け根から肩にかけての痛み
②ズキズキとする頭痛
③目の奥の重だるさ
④前腕の内側の痺れ

【問診】
20台後半の頃から肩こりが酷くなるようになった。
主に痛くなるのは首の付け根。我慢して仕事をしていると徐々に重くなっていき、酷い時には目の奥が重くなり、頭痛も出てくる。
最近では、ストレスもかなり溜まっており、体の疲れもなかなか取れない。
また、子供がまだ幼いために抱っこを長時間することが多い。その為なのか肘から先の内側のあたりが痺れていることがある。

【治療と経過】
初回の施術では全身の筋肉が緊張し硬くなっていたので、緩和操作と脊椎全体の調整を行いました。施術後に肩甲骨の体操を毎日行う様に指導しました。
2回目の施術は『調子は良いが、子供を長時間抱っこしているとやはり肩が辛くなる』と報告を受けました。施術の内容自体は前回同様に全身の緩和操作と矯正を行いました。
また、肩甲骨周囲の筋力が弱っている可能性があることを伝え、トレーニングも指導しました。
現在も2週間に1度のペースで施術を受けて頂いてます。

【カイロプラクターからのコメント】
この方の頭痛は肩~首の付け根の筋肉が凝り固まっていたが原因だと思われます。
仕事でパソコンを長時間見ており、目が疲れていたことも姿勢を悪くしていると推測できます。同じ姿勢取り続ける状況が一日の大半を占めており、肩や首、背中の筋肉が緊張したままで、血行が悪くなっていることも頭痛の原因になります。
肩甲骨の体操や背中のトレーニングを早期に伝えたのも、体を動かす習慣を早めに付けて頂きたかったからです。

28才 男性 首の付け根から肩にかけての痛みと重だるさ

2014年11月6日 カテゴリ:

【主な症状】
①首の付け根~肩の痛み、重だるさ
②頭痛
③下半身の疲れの抜けにくさ

【問診】
3年ほど前からパソコンに向かって作業をしていると首が重くなる感じがするようになってきた。徐々に症状は悪化しており、現在ではほぼ毎日夕方頃になると首~肩が重くなり、酷いときでは痛み出す。ここ数日は休みの日に安静にしていても痛くなることがある。
整形外科でMRI撮影をしたが原因は分からないと言われ、鍼灸院での針治療や整骨院で受けた施術も効果を感じることはなかった。

【治療と経過】
初回の施術では上半身を中心に全身の筋肉の緩和操作と矯正を行いました。また、ふくらはぎの筋肉が非常に硬く短縮していたので、お風呂上りにアキレス腱とハムストリングのストレッチを行うように指導しました。
2回目の施術では状態はかなり改善したと報告を受けました。しかし、長時間座っていると時々首が重くなることがあるとのことでした。施術は初回同様に全身の緩和操作と強制を行いました。
初回と2回目の間は2週間ほど開いていました。
現在も2~3週間に1度のペースで施術を受けて頂いています。

【カイロプラクターからのコメント】
この方の第一印象はとても姿勢が悪い!でした。
背中の中央あたり頂点にした猫背だったのですが、それが2回の施術で劇的に改善しました。
もともとスポーツを続けている方だったので、筋肉は発達していたのですが仕事の忙しさや疲れであまりストレッチを行っていなかった様です。下半身のストレッチを指導したことで、自主的に全身のストレッチを行っていたことも改善を速めたのではないかと考えられます。
筋肉はスポーツや運動で使用した後は縮んだままになりやすいので、運動後のストレッチで縮んだ状態をリセットすることが大切です。

24歳 男性 イスに長時間座ると首が重だるくて辛い。

2014年10月30日 カテゴリ:

【主な症状】
①首から上背部にかけての重だるさ
②慢性的な肩こり
③頭痛とめまい
④腰痛
⑤両手の痺れ

【問診】
2週間前に美容院で散髪中に首が痛くなった。そのまま失神してしまい病院に運ばれた。
それ以降、両手の痺れが出現。
また、長時間同じ姿勢をとることが出来なくなった。立位で最長2時間、座位では20分しか同じ姿勢を保てない。
整形外科を受診し、レントゲンではストレートネックと診断された。
後日受けた、MRI検査では椎間板に若干の変形が見られるとも言われた。

【治療と経過】
初回の施術では典型的な腰猫背が原因と考え、全身のバランスを整えるような施術を行いました。
2回目の施術では、『だいぶ楽になったが、まだ2~30分座ると頭痛やめまいが出現する』と報告を受けたので、首や肩周囲の筋肉の緩和操作を初回より多く行いました。
この頃から僧帽筋の筋トレ、腹圧を高めるために下腹部の筋トレや肩甲骨周囲の体操、大胸筋のストレッチなどを行って頂いてます。
3回目の施術では、痛みやだるさは発症当初よりかなり軽減し、VAS10→5まで改善してきたと報告を受けました。
ですが、相変わらず首の重だるくなる感じが出現することや座っていられる時間もまだ1時間程度が限界ともおっしゃられてました。
4回目の施術では、首や背中、胸の筋肉のだけの影響だけではなく、筋膜の癒着などの影響もあると考え、グラストンテクニック(以下GT)を用いて左下腿(ふくらはぎ)に施術を行いました。
5回目の施術では、これまでに比べて劇的に良くなったと報告を頂きました。しかし、やはり首のだるさは出現するともおっしゃられてました。
ですので、GTを用いて左右下腿、および背中全体の施術を行いました。
6回目の施術では立位は問題ない、座位では2時間までは座っていられるようになった。VASも10→2になったと報告を受けました。
現在も10日~2週間に1度のペースで施術を受けていただいております。

【カイロプラクターからのコメント】
この方は様々な症状が併発していることで複雑な状態になっていたと考えております。
可能性として考えられるものを列挙していきます。
1、上位交差症候群
2、下位交叉症候群
3、胸郭出口症候群
4、筋筋膜性疼痛症候群
5、ストレートネックによる椎間板の圧迫による末梢神経絞扼
以上が考えられる症状でした。
上記を分かり易く説明すると『非常に姿勢が悪く、そのせいで首や背中、腰の筋肉、体の後面の筋膜の負担が上がって様々な症状を併発していた』と言うことです。
腹圧を上げるトレーニングや僧帽筋という背中の筋肉のトレーニングを早い時期から行って頂いていたのも症状の改善に繋がったと考えられます。
この方は状態をかなり悪くしてから来院されましたが、同じような症状をお持ちの方は多いと考えられます。

36歳 女性 病院では頚椎症といわれ首が痛くて左腕がしびれる

2014年10月10日 カテゴリ:

【主な症状】
①左の首が痛い
②左腕にしびれ感
③首を左に向けると痛み増悪

【問診】
4,5年前ぐらいに首の寝違いをしてから首の痛みを感じるようになりました。疲れが溜まってくると左腕がしびれてきます。この時心配になって整形外科にかかりました。診断は頚椎症だといわれ電気やけん引を受けました。ただあまり効果はなく少し通いましたが途中でやめました。最近それがひどくなってきたので旦那の紹介でこちらにうかがう事を決めました。仕事はほとんどがデスクワークです。

【治療と経過】
左腕から胸にかけて最初緩めていきました。その後は肩甲骨の柔軟性をつけたり、背骨の調整を行い最後に首を緩めていきました。初回の治療で首がスムーズに動き、動きの中では痛みは出なくなりました。その後週一回のペースで5回治療を行い症状は解消されました。現在はメンテナンスのため3週に1回治療を行っています。

【カイロプラクターからのコメント】
デスクワークを長時間行うという事で姿勢も悪く胸から腕にかけて筋肉がとても緊張している状態でした。この筋緊張が強くなった事で腕に走っている神経や脈管を圧迫ししびれが出ていたと考えられました。そこで治療は先に前面の筋緊張を取り除き胸の開きをよくして、その後全体的な治療に入っていきました。首が痛いからといって原因は首だけではないという事が多く、今回は腕周りや肩甲骨周り、そして背中がスムーズに機能しない状態、筋肉は緊張し硬くなっている状態が首に負担をかけ痛みを出していたようです。
日頃からデスクワークばかりであまりストレッチや運動習慣がなかったのも症状悪化の原因の1つであったようなので痛みは改善されてもストレッチを続けてもらうよう指導し、3週に一回程度のメンテナンスを行うようにしています。

26歳 女性 首と頭の付け根付近が痛くて首が動かせない

2014年9月13日 カテゴリ:

【主な症状】
①首と頭の移行部付近が痛い
②慢性的な肩こり

【問診】
首が痛くて回らない状態を改善したくて来院しました。2,3日前から後頭部付近がとても痛みがあり、首を回す動きがつらいです。もともと肩こりはありましたが、このような痛みは初めてです。直接的な原因は思い当たらないのですが、最近転勤してきたばかりなのでそのストレスはとても感じていました。

【治療と経過】
初回の治療は腕周りや肩甲骨周りの筋肉、胸の筋肉の緊張を緩和させる事を行い、テーピングで首への負担を軽減させました。2回目の治療時には痛みは最初の半分ぐらいになっていました。治療は積極的にカイロ治療を行いました。骨盤から背中、首と全身のバランスを整えていきました。3回目の治療時には首を回した時の痛みは改善されていました。ただ肩こりがまだ残っている感じがあるとのことで、継続して治療を現在行っています。

【カイロプラクターからのコメント】
この方の症状はお仕事中の姿勢の悪さから来ていると考えられます。ご本人にお聞きするとお仕事中は顔を前に突き出した姿勢がほどんどとおっしゃってましたが、その姿勢がまさに首と頭の付け根付近に負担をかける姿勢でそれが痛みにつながったと考えられます。また転勤による精神的なストレスも重なって体の緊張がとれにくくなっていたのでしょう。治療はその姿勢を強調している背骨のゆがみや筋肉のアンバランスを整える事で早い段階で効果がでてきました。
この方は慢性的な肩こりもあり、お仕事も座りっぱなしの仕事で疲れが溜まり易いです。定期的なメンテナンスケアを行う事でひどい首の痛みの予防や、疲れを溜めにくい身体へ変える事が出来るでしょう。

39歳 女性 肩こりと首の痛みで上を向く動作がつらい

2014年9月4日 カテゴリ:

【主な症状】
①慢性的な肩こり
②首を反らす動きが痛い
③首の付け根の痛み

【問診】
最近肩こりがひどくなってきました。さらには首の付け根付近にも痛みがでるようになり、ここ2,3日は首が痛いので首をそらすことが出来ません。日頃は2人の子供の育児とパートで4時間ほどデスクワークをします。最近特に疲れが取れにくく感じていました。今回は主人の紹介できました。

【治療と経過】
初回は肩甲骨や背中の背骨の調整、肩甲骨周囲から腕にかけての筋肉の調整をを中心に行いました。治療後は首の可動域がかなり改善しました。二回目に来院された時は首の可動域は大分よいが肩こりがまだ残っている状態でした。治療は骨盤から全身の治療を行いました。3回目来院時には最初に来院された時より肩こりは半減していました。首も上に向く動作もほとんど不自由なく行えるようになりました。その後は2週間に1回のペースで育児やお仕事の疲れを取り除くような治療を行い肩こり改善を図っています。

【カイロプラクターからのコメント】
身体の疲労がとても強くみられました。背中は丸まり姿勢を正す事が難しくなっていたため頭も肩も前方に移動してしまい、頭の重さと腕の重さを首や肩の筋肉で支えないといけない状態になっていました。そしてこのストレスが蓄積され今回の症状を引き起こしたと考えられます。初回はまず、首の問題がとても強く出ていたので、肩甲骨周りや背中、腕の調整によって首の負担を取り除くことを行っていいきました。その後首の痛みが改善されてきたところで全身の治療を行い、全体的なバランスを整え姿勢改善のための指導も行いました。育児とお仕事でどうしても体への負担は多く、身体が歪み硬くなり疲れてしまうと思います。そのため定期的に身体の歪みと硬さを改善させることを行っています。

29歳 女性 妊娠中で首の痛みと耳の閉塞感

2014年8月22日 カテゴリ:

【主な症状】
①頭痛・肩こり②唾を飲み込みたくなるような耳のつまり感

【問診】
妊娠6ヶ月目に差し掛かった頃、もともと肩こりや首の痛みがありましたがカゼを引きました。鼻水をかんだ際、耳の鼓膜がぷつっとなってから耳の詰まった感じで、高いところに行った時になるようなもので、唾を飲み込みたくなる症状が始まりました。産婦人科の先生に相談したところ妊婦さんに多い症状で、耳管開放症だと言われました。出産すると治ると言われましたが、この症状があと6ヶ月以上続くのは耐えられないため、ホームページでコア・カイロプラクティック錦糸町を見つけ来院しました。

【治療と経過】
妊娠中特有の姿勢の変化に伴い、首に負担が掛かりやすく筋肉の緊張もとてもありました。それによる頭痛が出ていることから、耳の詰まった感じも首や肩の筋肉が柔らかくなり、血流が改善した2次的な改善を期待し、1度目のカイロプラクティック治療を行いました。1週間後、2回目の来院時に前回の施術後から2日間は、耳のつまり感が少し和らいだと聞きました。続けて3回は続けるという予定で治療していきました。耳の閉塞感は、3回のカイロプラクティック治療で1次的に解消されました。しかし、持続力が無く疲れや首のこり感が出てくると再び耳のつまり感が出てきてしまいました。4、5回目は2週間の間隔で着て頂き続けてカイロプラクティック治療を行いました。症状は、まだ疲れると出るもののずっと続かず、少しすると気づかなくなるほどになりました。現在、無事出産を終え子育て中ですが、首のこりがひどくなり、頭痛まで出ると少し耳のつまり感を訴えます。しかし、1回のカイロプラクティック治療で取れるような軽い症状ですんでいます。

【カイロプラクターからのコメント】
2人目の妊娠ということで、6ヶ月目でもお腹が大きくなるのが早く、横から見た前後のバランスが悪くなっていました。
もともと肩こりや首のこりがひどく頭痛も頻繁に起こっていたみたいです。他の患者さんでもそうでしたが、今回の症状のような耳管開放症やめまい、耳鳴りなどに処方されるお薬は、ビタミン剤のような血流を改善されることが目的です。今回もそれは同じ処方でした。
なので、私たちの得意分野である耳の周囲の首や肩などの血流改善を目的とした、カイロプラクティック治療が効果的だったと思います。

 

32歳 男性 寝違え後首が回りにくい。

2014年8月8日 カテゴリ:

32歳 男性 寝違え後首が回りにくい。

【主な症状】
①首を回すと痛い
②首の可動域が少ない

【問診】
2週間前に首を寝違えてから、首が回りづらく痛みがあります。強い痛みは2日ほどで引いてきましたが、その後首を回そうとすると痛みがあり、可動域が大幅に減っていることが気になります。

【治療と経過】
首へのアプローチとともに肩甲骨や背中の調整をしていきました。初回の治療で可動域がかなり改善されました。2回目の治療で回しても痛みは出なくなりました。3回目からは全体的なメンテナンス治療を行っています。

【カイロプラクターからのコメント】
首の寝違いによって首周りの筋肉が緊張してしまい痛みと可動域低下を引き起こしているようでした。問題は首への負担になってしまっている背中や肩の状態です。首の筋肉というのは頭と肩を支える役目があります。そのため、お仕事などで頭を前に突き出した状態、肩が前に突き出した状態は首の筋肉への負担をとても強めます。そこでこのような状態を改善させるために背骨の調整や肩甲骨周りの調整が必要になってきます。このような首の治療もカイロプラクティックにお任せ下さい。

1 2

アクセス

  • JR・東京メトロ 錦糸町駅より 徒歩2分
  • 都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分
  • 錦糸町の整体コアカイロ錦糸町 TOP
  • スタッフ紹介
  • 症状別症例
  • 院内・設備紹介
  • アクセス・料金
トップに戻る