症例報告

33才 女性 寝違えから始まった肩こり

2015年1月29日 カテゴリ:

【主な症状】
①寝違え
②寝違えてから肩こりが悪化した

【問診】
1週間前に首を寝違えてしまいました。それから右の肩甲骨の内側がズキズキと痛みます。痛みは
徐々に強くなっている感じがします。それと共に、今まであまり感じていなかった左右の肩こりが気
になります。整形外科で湿布と痛み止めを処方されましたが、効果を感じていません。

【治療と経過】
初回の施術は首から背中(上背部~肩甲骨下ぐらい)にかけて脊柱起立筋がガチガチに固まってい
ましたので、その部位を緩めるために上肢(腕全体)と背中、脇、胸、首の筋肉に対して緩和操作を
行い、骨盤、背骨全体を矯正していきました。

2回目の施術は5日後に行いました。寝違えの痛みはかなり改善し、ほとんど痛くないが肩こりが
気になるとのことでした。
施術は全身の筋肉の緩和操作と骨盤、背骨の矯正を行いました。また、お仕事がデスクワークとい
う事もあり、前腕~肩周りのストレッチを指導し、なるべく毎日行うようにして頂きました。

3回目以降はかなり状態が改善していることもあり、1ヶ月に1度メンテナンスを受けにいらして
頂いております。

【カイロプラクターからのコメント】
この方は訴えの通り、寝違えが原因で肩こりを自覚するようになったと思います。なぜなら寝違え
は慢性的な背中~肩、首の筋肉への負荷が原因になることが多いからです。
いわゆる猫背の方は、常に背筋に負担をかけていると言っても過言ではありません。
今回この方はもともと姿勢があまり良くなかったのですが、連日のデスクワークの疲れを放置し、背
筋群や首の筋肉に対する負荷が限界を超えてしまったことで、寝違え(=急性頚部痛)を引き起こし
てしまったと考えております。
ストレッチや体の状態を指導し、実践していただいた事で早期に症状の改善に繋がったと思われま
す。

デスクワークの方は、ご自分が思っているより体の状態が良くないことが多く見受けられます。
ぜひ、1度チェックにいらしてみて下さい。

35歳 女性  何度も繰り返す首の寝違え

2014年10月7日 カテゴリ:

【主な症状】
①首の痛み
②猫背
③首を前に倒すと痛み

【問診】
最近週一回のペースで首を寝違えるので困っています。もともと首や肩のコリなどはあまり感じてい
ませんでした。それがここ2ヶ月くらいこのような状態です。今日は寝違えてから少し時間がたって
いることもあるので痛みはマシですが、やはり首を前に倒す動きは痛みが出ます。昔から身体が硬く
、またみんなから指摘を受けますがかなりの猫背です。

【治療と経過】
治療は首に負担をかけるような不良姿勢の改善を図っていきました。メインは背中の硬さ歪みの調整
です。初回の治療後首の可動域がかなり上がりました。2回目来院時にはまだ首を前に倒した時の痛
みが残っていましたが、継続治療を行ったところその痛みも改善されました。3回目の治療にいらし
た時も首を前に倒す時の痛みはありませんでした。ここまで週一回のペースで治療してきたがまだ寝
違いを起こしていないとのこと。5回目の治療時には首の痛みは感じなくなっていました。

【カイロプラクターからのコメント】
この方は猫背姿勢が強く、頭が前に倒れている姿勢を長くされる事が多いことがわかりました。この
姿勢だと頭を支える首の筋肉へのストレスはとても強くそれが今回の症状につながったと考えられま
す。またこの方はもともと肩や首にコリを感じるタイプではなかったので、今までストレッチや体操
、カイロ治療などいっさい受けたことがなく首へのストレスが蓄積されていたのだと思います。そこ
で治療はその猫背姿勢を取り除くように調整するのと首や肩周りの筋緊張の緩和を心がけました。結
果的に5回の治療で痛みや可動域は改善しましたが、ストレッチの指導を行い、習慣的な運動の重要
性を伝え、さらには定期的なメンテナンスをおススメしました。その結果、現在治療にいらしてから
半年たちましたが一度も寝違えや首の痛みを感じることは無いとのこと。

32歳 男性 寝違え後首が回りにくい。

2014年8月8日 カテゴリ:

32歳 男性 寝違え後首が回りにくい。

【主な症状】
①首を回すと痛い
②首の可動域が少ない

【問診】
2週間前に首を寝違えてから、首が回りづらく痛みがあります。強い痛みは2日ほどで引いてきましたが、その後首を回そうとすると痛みがあり、可動域が大幅に減っていることが気になります。

【治療と経過】
首へのアプローチとともに肩甲骨や背中の調整をしていきました。初回の治療で可動域がかなり改善されました。2回目の治療で回しても痛みは出なくなりました。3回目からは全体的なメンテナンス治療を行っています。

【カイロプラクターからのコメント】
首の寝違いによって首周りの筋肉が緊張してしまい痛みと可動域低下を引き起こしているようでした。問題は首への負担になってしまっている背中や肩の状態です。首の筋肉というのは頭と肩を支える役目があります。そのため、お仕事などで頭を前に突き出した状態、肩が前に突き出した状態は首の筋肉への負担をとても強めます。そこでこのような状態を改善させるために背骨の調整や肩甲骨周りの調整が必要になってきます。このような首の治療もカイロプラクティックにお任せ下さい。

アクセス

  • JR・東京メトロ 錦糸町駅より 徒歩2分
  • 都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分
  • 錦糸町の整体コアカイロ錦糸町 TOP
  • スタッフ紹介
  • 症状別症例
  • 院内・設備紹介
  • アクセス・料金
トップに戻る