症例報告

36歳 女性 主婦 膝を曲げるのが痛い

2015年6月23日 カテゴリ:

‹主訴›
膝の内側に痛み
肩こり

‹問診›
育児によってしゃがんだり立ったり、中腰になることが多くなり、膝の内側に痛みを感じるようになりました。
痛みは膝を曲げたときに痛みがあり、立ってるときや座ってるときには痛みは感じないです。
特に正座をすると痛みが出てしまいます。

‹治療と経過›
治療は骨盤の矯正と内側の筋肉への緩和操作を行いました。
初回の治療後には痛みは改善されており、しゃがんだときの痛みがほとんどなくなっていました。
しかし一週間育児に励んでいるうちに徐々に膝の痛みを感じるようになっていました。
週一回の治療を3回繰り返したところ膝の痛みがほとんどでなくなりました。
その後もメンテナンス治療をご希望されています。

‹カイロプラクターからのコメント›
この方は出産によって骨盤の歪みが生じたようです。
骨盤から膝にかけてついている筋肉にストレスがかかりやすい状態になっていました。
また育児によってより膝に負担をかけてしまう行動が増えてしまったことも原因になっていました。
患部である内側の筋肉への緩和操作だけでなく骨盤を整えることが重要だと判断しました。
またその後も育児は続くので定期的なメンテナンス治療を行い、膝の状態を安定させるようにしました。

33歳 女性 育児中の腰の痛みを伴う膝の痛み

2014年9月21日 カテゴリ:

【主な症状】
①膝が立ち上がり時に痛い
②ゆっくりしゃがもうとすると痛い
③仰向けで寝ていると腰が痛くて寝ていられない

【問診】
子供が4ヶ月になる頃、ゆっくりと起こさないようにベッド寝かせようしゃがんだ時に膝のお皿の周囲に違和感を感じたのが初めです。どんどん子供の体重が増えると腰の痛みも増し、腰からもも、ふくらはぎと重苦しく疲れた感じが続きました。今やベッドに寝かせる時も痛いのですが、寝た状態の子供を抱え立ち上がる事が痛さゆえにこんな状態です。それをかばっていると腰もどんどん辛くなって来ています。ママ友の紹介でこのコア・カイロプラクティック錦糸町に来ました。

【治療と経過】
ももの筋肉が短くなり、硬くなっている事から膝のお皿周囲の痛みが起こっていると判断したので、筋肉のほぐしと短くなった部分のストレッチを行いました。ももの筋肉が硬くなってくると骨盤のゆがみはひどくなり易く、授乳中のママ特有の背骨がCの字で固まっている事から、全体的にカイロプラクティック治療(整体)を行いました。
2週に1回のカイロプラクティック治療を3回続けました。膝の痛みはなくなりました。腰の痛みは、重だるさが少し出る事がある状態まで、回復しました。現在も疲れたらいらっしゃる程度です。

【カイロプラクターからのコメント】
育児中のママには、本当にカイロプラクティック治療【整体】をおススメしたいです。産後の骨盤矯正はもちろんの事、育児は睡眠がしっかり取り難いことが多いです。途中で起きてしまいまた寝て、また途中で起きるを繰り返します。自律神経系の乱れ、おんぶ抱っこ授乳などによって悪い姿勢を助長させます。疲れや痛み自律神経系の乱れにって育児によるストレスも加速すると思います。是非ご相談下さい。

31歳 女性 雪で滑って転んだ後から膝が痛い

2014年8月26日 カテゴリ:

【主な症状】
①膝の曲げ伸ばしが痛い
②階段の昇り降りで膝が痛い

【問診】
半年前に雪道で滑ってしまいその時膝を曲げながら転んだ事で膝を傷めてしまったようです。整形外 科では後縦靱帯損傷と診断され膝の水抜きや赤外線治療、痛み止めの注射を行った所徐々に改善して いきました。しかし一月前にジムでスクワットをしてからまた痛みがぶり返してきました。今回は整 形外科での治療はあまり効果が出ず困っています。

【治療と経過】
膝の前後の筋バランスを整える事を行いました。またそれに関わる足の関節や股関節、骨盤の問題を 解決していきました。初回の治療で痛みは無くなりました。一週間ぐらい経つと痛みが戻ってきてい ました。その後繰り返し4回の治療を行った所治療の間隔を2週間明けても大丈夫になりました。現在 は2週間に1回のメンテナンスを継続中です。

【カイロプラクターからのコメント】
検査を行った所膝の後縦靱帯の損傷は今回は問題ありませんでした。それよりも膝周囲の筋バランス が崩れていたこと。股関節や足関節の柔軟性の低下、骨盤の歪みもつよくあったことが問題と考えら れました。そのため治療は膝だけの治療ではなくその上下の関節、そして骨盤の調整も含めて足全体 の環境を整える事を行いました。また膝のトレーニングもアドバイスする事で早期に改善させること が出来ました。

26歳 男性 ランニング中の膝の痛み

2014年8月19日 カテゴリ:

【主な症状】
①10分くらいランニングすると膝の外側が痛みだす。

【問診】
来院1ヶ月前に出場したトライアスロンの大会以降、左膝の外側の奥のほうが痛み出した。
10分程ランニングすると痛みが出始める。痛み出すと膝の屈伸運動で痛みが増加する。
O脚に悩んでいる。

【治療と経過】
1回目のカイロプラクティック治療後は、ランニングはせずに、自転車に40kmくらい乗ったが痛みは出なかった。
2回目のカイロプラクティック治療は、O脚予防のトレーニングと痛み防止のためにストレッチ指導もしていった。
しかし、ランニングすると痛むは出た。
3回目のカイロプラクティック治療後もランニングしてしまうと痛みが出てしまい、階段の下りも痛んでいた。
4回目のカイロプラクティック治療後は、2kmくらいは痛みが無く走れ、1kmのインターバルをするとやはり痛みが出てきた。
5回目のカイロプラクティック治療後は、自分でできるテーピング方法とアイシング方法、路面の状態なども指導した。すると、走っても痛みが出なくなった。
6回目のカイロプラクティック治療を行い、ハーフマラソンの大会に備えた。
大会では、残り800mくらいから痛みが出たが、それ以前は全く痛み無く走れたため、目標タイムを大幅にクリアできた。
現在も次の大会の為に継続メンテナンス中。

【カイロプラクターからのコメント】
今回の症例は、ランニング時の膝痛。いわゆるランナーズニーでした。
学生時代からサッカーをやっていたこともあり下半身への負荷は大きく、O脚も今回の痛みに関与していたと考えられます。O脚の場合、足の外側にテンションがかかりやすくなります。
足の外側には腸脛靭帯があります。
その腸脛靭帯のテンションが高まっているとランニング中に膝で骨とこすれて痛みを誘発してしまいます。腸脛靭帯だけでなく足全体の筋肉が硬い患者であったため、ストレッチ指導も行いました。
しかし、痛みも取れにくかったのと大会が近かったことからテーピングとアイシングを自分でしっかり行ってもらうようにして練習をしてもらいました。
ランニングしている路面の状態なども指導し、注意してもらいました。
話をしっかり聞いて、守っていただけるかただったので改善はスムーズでした。。
最近のランニングブームでランニング人口は、急激に増加したと思いますが、ケアにまで気持ちが向いている人は少ないように感じます。
大会に出ることが目標となり根性で練習している人も多いです。
大会は何度もあります。怪我をしてしまっては走ることからも遠ざかってしまうので、焦らず基本から身につけていき、怪我をしない身体作りが大切だと思います。
これからの人生長く走って行きたいとお考えの方は、是非ご相談下さい!

 

 

67歳 女性 膝を曲げると痛くて歩くのが困難

2014年7月10日 カテゴリ:

【主な症状】
①膝が曲がりにくい
②階段を降りることが困難

【問診】
以前から膝の痛みはありましたが、1月前にひどくなり膝に水が溜まりました。病院で水を抜きました
がその後から今までより膝の痛みを感じるようになり、膝が曲がらなくなりました。この状態ですともちろん歩く事も困難で、特に階段を降りるのが辛いです。

【治療と経過】
膝に関わる筋肉群のバランスを整える事、膝の負担を減らすため股関節の調整を中心に治療を行いました。一週間に1回の治療を6回行い、その後は月1回のメンテナンスを行っています。現在は膝の痛みはそれほどでもないようです。

【カイロプラクターからのコメント】
この方の膝は変形性関節症になっているため、痛くなりやすい状態でした。また股関節の可動域も減少してしまい、それが膝へより負担をかける結果になっていたと考えられます。6回ほどの治療である程度膝の調子は良くなりましたが、変形を抱えてらっしゃるため継続的なメンテナンス治療を行う事で予防する事が大切です。

錦糸町 整体 膝の痛み

27歳 女性 走り出すと膝の外側が痛む

2014年6月30日 カテゴリ:

【主な症状】
①膝の外側に痛み
②長時間歩くと膝に痛み
③膝の屈伸運動ができない

【問診】
フルマラソン出場のため、ここ2ヶ月ジョギングを毎日の日課にしていました。ここ最近になって走ってると膝の外側付近に強い痛みを感じるようになり、痛くなると歩くのも痛みを感じます。ただ何日か休むと痛みが引いてきます。しかしまたジョギングを再開す
ると痛みを感じるようになります。フルマラソンの大会も近いので早く治したいと思いコアカイロさんでお世話になることを決めました。

【治療と経過】
週に二回のペースで治療していきました。少しの間ランニングを中止してもらい治療に専念してもらいました。治療は膝へのストレスを減らすため、股関節や骨盤、それに関わる筋肉群を整える事を中心に行いました。最初の頃は治療後は痛みを引くのですが、走り出すと痛いという状況が続きました。そこでストレッチとエクササイズを毎日おこなってもらうよう指導し、並行して治療を行いました。6回目の治療後には痛みを感じず走れるようになっていました。

【カイロプラクターからのコメント】
この女性の症状は足の外側についている腸脛靭帯を傷めているのが原因でした。これを腸脛靱帯炎と呼び、ランナーに多いことからもランナーズニーとも呼ばれる事もあります。この腸脛靱帯は骨盤に付着している筋肉が途中で移項していうもので、このお尻の筋
肉や骨盤の調子が悪いと腸脛靱帯が硬くなってきて傷めやすくなります。そのことからもこのお尻の筋肉や骨盤の状態を整える事が重要であると言えます。

 

錦糸町 整体 膝の痛み

アクセス

  • JR・東京メトロ 錦糸町駅より 徒歩2分
  • 都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分
  • 錦糸町の整体コアカイロ錦糸町 TOP
  • スタッフ紹介
  • 症状別症例
  • 院内・設備紹介
  • アクセス・料金
トップに戻る