症例報告

20代 男性 はじめての腰痛

2014年9月26日 カテゴリ:

【主な症状】
①前屈みで腰痛悪化
②猫背姿勢

【問診】
昨日1日立ち仕事でした。基本的には座り仕事が多いです。今日朝起きた時から腰が痛くて起き上がりや、顔洗う動作、靴下を履く動作などがつらくて不自由な状態でした。またここ何年間あまり運動していなかったので、それも腰に悪かったのかもしれません。

【治療と経過】
治療は骨盤環境を整える事、補助の為に治療の最後にテーピングを利用しました。初回の治療で痛みはまだ残っていましたが、随分動きやすくなった気がするとのことでした。5日後2回目来院時には痛みはほぼ無い状態でした。ただし腰の重さが残っているのと背骨の硬さは残っていました。3回目の治療時には腰の症状は消えていました。ただ背中の硬さ、猫背がまだ強くある状態だったので現在継続して姿勢の改善のため、背骨の調整を行っています。

【カイロプラクターからのコメント】
この方は軽いぎっくり腰の状態で、少し炎症反応がありました。おそらく座り仕事で腰の歪みを作ってしまったのと、運動不足から股関節の筋肉の硬さがもともとあったと考えられます。そこに長時間の立ち仕事を行ったので腰に強い負荷がかかってしまい傷めてしまったのでしょう。そこで腰の患部への負担を軽減させるため、骨盤の調整や腰のテーピングを行いました。初回の治療後は炎症がある分少し痛みは残りましたが、前屈みの可動域が随分広がりました。3回目の治療時には痛みは無くなっていました。しかしこの方は運動不足で筋肉が固くなり、猫背姿勢が強かったので予防の為に全身の硬さや歪みを整える事を現在行っている所です。

34歳 男性 社交ダンスで腰を傷めた

2014年9月22日 カテゴリ:

【主な症状】
①前屈みで骨盤付近が痛い
②右内太ももが痛い

【問診】
日頃社交ダンスを教えているのですが、最近自分の大会が近づいてきたのでいつもよりハードに練習していました。それがおそらく原因だと思いますが最近腰痛を感じるようになりました。もともと腰はウイークポイントでちょくちょく腰を痛めることがあり、近くのカイロに通っていましたが、お世話になっていた先生が辞めてしまわれたのでこちらに通う事を決めました。腰の影響か膝も少し痛みを感じます。

【治療と経過】
初回の治療は骨盤の機能障害を取り除くこと、内側の筋肉への緩和操作を行いました。治療後は前屈みの痛みや膝の痛みは改善されていました。一週間後にまた再来院されましたが、ハードな練習のためまた腰の痛みがぶり返していました。大会までは一週間に一度のケアを行い、無事試合に臨むことができたようです。

【カイロプラクターからのコメント】
この方はもともとカイロプラクティックを受けていた方なので、最初から積極的にカイロプラクティック治療を行いました。腰に関しては骨盤の動きの悪さが関係している事が腰痛の原因になっていることが検査でわかりました。またその骨盤のゆがみによって、骨盤から膝にかけて付着している筋肉が過剰に緊張してしまい、膝にストレスを与えているようでした。一月後にある大会までは練習を休むわけにはいけない方だったので、それまでは週一回は必ず来てもらい骨盤周りのメンテナンスを行ってもらうこをおススメしました。

33歳 女性 育児中の腰の痛みを伴う膝の痛み

2014年9月21日 カテゴリ:

【主な症状】
①膝が立ち上がり時に痛い
②ゆっくりしゃがもうとすると痛い
③仰向けで寝ていると腰が痛くて寝ていられない

【問診】
子供が4ヶ月になる頃、ゆっくりと起こさないようにベッド寝かせようしゃがんだ時に膝のお皿の周囲に違和感を感じたのが初めです。どんどん子供の体重が増えると腰の痛みも増し、腰からもも、ふくらはぎと重苦しく疲れた感じが続きました。今やベッドに寝かせる時も痛いのですが、寝た状態の子供を抱え立ち上がる事が痛さゆえにこんな状態です。それをかばっていると腰もどんどん辛くなって来ています。ママ友の紹介でこのコア・カイロプラクティック錦糸町に来ました。

【治療と経過】
ももの筋肉が短くなり、硬くなっている事から膝のお皿周囲の痛みが起こっていると判断したので、筋肉のほぐしと短くなった部分のストレッチを行いました。ももの筋肉が硬くなってくると骨盤のゆがみはひどくなり易く、授乳中のママ特有の背骨がCの字で固まっている事から、全体的にカイロプラクティック治療(整体)を行いました。
2週に1回のカイロプラクティック治療を3回続けました。膝の痛みはなくなりました。腰の痛みは、重だるさが少し出る事がある状態まで、回復しました。現在も疲れたらいらっしゃる程度です。

【カイロプラクターからのコメント】
育児中のママには、本当にカイロプラクティック治療【整体】をおススメしたいです。産後の骨盤矯正はもちろんの事、育児は睡眠がしっかり取り難いことが多いです。途中で起きてしまいまた寝て、また途中で起きるを繰り返します。自律神経系の乱れ、おんぶ抱っこ授乳などによって悪い姿勢を助長させます。疲れや痛み自律神経系の乱れにって育児によるストレスも加速すると思います。是非ご相談下さい。

38歳 男性 長時間の車の運転で腰が痛む

2014年9月19日 カテゴリ:

【主な症状】
①座る事を長時間すると腰が痛む。②お尻のだるさ

【問診】

仕事が建築関係なので現場に向かうため、毎日車を長時間運転しています。多いときには、片道200kmを運転します。腰は今回に限らず、20代の頃より繰り返し傷めています。昔よりも痛くなる頻度が多くなり、心配でカイロプラクティックや整体を受けようと今回決意しました。錦糸町で整体・カイロプラクティックで検索してコア・カイロプラクティック錦糸町を見つけ来ました。

【治療と経過】
カイロプラクティック治療で骨盤・背骨の全体を整えるようにほぐし矯正しました。痛みの出ている幹部には、腰でも仙骨(骨盤)尾骨周囲の深い筋肉に対して、アプローチをしました。同時に股関節の柔軟性の戻すように臀部(お尻)の筋肉をほぐし、股関節のモビリゼーションを行いました。2回までのカイロプラクティック治療では、施術後4日は調子が良いが、1週間良い状態が持続することができませんでした。取り寄せていたバックハガー(腰に敷くクッション)を使用しながら、3、4回続けているうちに楽な状態が2週間は持つようになりました。現在は、趣味のゴルフや長時間の運転が続くようなときに腰全体にだるさが出ることがあるが、痛みを感じることがなくなっています。

【カイロプラクターからのコメント】
股関節を曲げたままの状態(座り動作)が続いているので、股関節の柔軟性の悪くなっていました。それに伴い臀部の筋肉そして腰の深い部分の筋肉が硬くなっていました。
実際、このような症状の方は多く、完全に痛みが治らないままお身体ケアを止めてしまうケースが多いです。
そのため、腰の痛みを抱える頻度が多くなり、症状も治りにくくなってしまいます。
座る動作自体長ければ長いほど、腰に負担は掛かり易いのはいなめません。バックハガー(腰に敷くクッション)、股関節周囲のストレッチで柔軟性を維持することはもちろんですが、自分でできない領域のケアも考慮して頂けるとうれしいです。

32歳 女性 育児による腰痛や腱鞘炎で悩んでいる

2014年9月12日 カテゴリ:

【主な症状】
①左脚を上げると腰が痛い
②立ち上がる動きで腰が痛い
③左手首の痛み

【問診】
最近毎日が育児で忙しく、腰痛と手首の痛みで困っています。この腰痛は産後からあり、左脚を持ち上げる時や座ったところから立ち上がるときに痛みが強く出ます。また左手首はいつも赤ちゃんを抱っこすることで引き起こされた気がします。病院では腱鞘炎といわれています。出産したのは2ヶ月前です。

【治療と経過】
初回の治療は殿部や股関節周りの筋肉の調整を行い、骨盤ベルトを着用してもらいました。2回目来院時は前回より痛みは軽減していましたがまだ痛みは半分以上のこっていました。2回目からは骨盤の調整や股関節へのアプローチを行い積極的にカイロプラクティック治療を行いました。5回目の治療時には立ち上がりの腰痛や左脚を上げたときの腰痛は無くなっていました。
腱鞘炎に関しては手首や肘、肩、左腕全体の硬さや動きにくさを改善させていき、電気治療も取り入れ改善を図っていきました。8回目の治療時には長時間の抱っこ以外はそれほど痛みは感じなくなったとのことです。

【カイロプラクターからのコメント】
腰は出産による骨盤の不安定性、ゆがみ、その周りの筋肉の緊張や硬さ、特に股関節周囲の問題が腰へとても負担をかけていたようです。妊娠中もそうですが、産後すぐは骨盤周りがとても不安定になっています。その状態で育児のようなとても身体への負担が大きい作業を行うと腰や股関節を傷める結果になってしまいます。治療は骨盤や股関節の調整をなるべく負担を少なく行っていく事が重要です。そして骨盤ベルトを利用する事で調整後の状態をなるべく維持してもらいました。
腱鞘炎に関しては、左手全ての環境をよくして手首の負担を減らす事行いました。手首周辺の関節の調整や筋肉の緩和捜査はもちろんのこと肘や肩周りの調整も行っていきました。さらには電気治療や患者さん自身でのストレッチを行ってもらう事で改善させることが出来ました。

32歳 女性 育児による腰痛や腱鞘炎で悩んでいる

2014年9月9日 カテゴリ:

【主な症状】
①左脚を上げると腰が痛い
②立ち上がる動きで腰が痛い
③左手首の痛み

【問診】
最近毎日が育児で忙しく、腰痛と手首の痛みで困っています。この腰痛は産後からあり、左脚を持ち上げる時や座ったところから立ち上がるときに痛みが強く出ます。また左手首はいつも赤ちゃんを抱っこすることで引き起こされた気がします。病院では腱鞘炎といわれています。出産したのは2ヶ月前です。

【治療と経過】
初回の治療は殿部や股関節周りの筋肉の調整を行い、骨盤ベルトを着用してもらいました。2回目来院時は前回より痛みは軽減していましたがまだ痛みは半分以上のこっていました。2回目からは骨盤の調整や股関節へのアプローチを行い積極的にカイロプラクティック治療を行いました。5回目の治療時には立ち上がりの腰痛や左脚を上げたときの腰痛は無くなっていました。
腱鞘炎に関しては手首や肘、肩、左腕全体の硬さや動きにくさを改善させていき、電気治療も取り入れ改善を図っていきました。8回目の治療時には長時間の抱っこ以外はそれほど痛みは感じなくなったとのことです。

【カイロプラクターからのコメント】
腰は出産による骨盤の不安定性、ゆがみ、その周りの筋肉の緊張や硬さ、特に股関節周囲の問題が腰へとても負担をかけていたようです。妊娠中もそうですが、産後すぐは骨盤周りがとても不安定になっています。その状態で育児のようなとても身体への負担が大きい作業を行うと腰や股関節を傷める結果になってしまいます。治療は骨盤や股関節の調整をなるべく負担を少なく行っていく事が重要です。そして骨盤ベルトを利用する事で調整後の状態をなるべく維持してもらいました。
腱鞘炎に関しては、左手全ての環境をよくして手首の負担を減らす事行いました。手首周辺の関節の調整や筋肉の緩和捜査はもちろんのこと肘や肩周りの調整も行っていきました。さらには電気治療や患者さん自身でのストレッチを行ってもらう事で改善させることが出来ました。

53歳 女性 腰が痛くて仰向けで寝れない

2014年9月8日 カテゴリ:

【主な症状】
①仰向けの状態で腰が痛い
②椅子から立ち上がるとき腰が痛い

【問診】
一番最初に痛みを感じたのは一年前です。その時は腰ではなく右の股関節に痛みを感じました。我慢できる程度だったので放置していたら3ヶ月前から腰に痛みを感じるようになって来ました。ストレッチやマッサージをうけたりして誤魔化していましたが、ここ最近痛みがひどくなってきて仰向けで寝ることも出来ない状態になってしまいました。

【治療と経過】
股関節の前面の筋肉の硬さを和らげる事、それに関わる背骨のゆがみを整えていきました。2回ほどの治療で仰向けの痛みは改善しました。だたまだ違和感を腰に感じるとのことでした、3回目の治療を行ったところほぼ改善しました。ただ疲れてくると少し腰に痛みが出るようなの現在は2週間に1回のペースで治療しています。

【カイロプラクターからのコメント】
仰向けで寝れない原因の1つに股関節の前面の筋肉が硬すぎで腰を引っ張っていることでした。股関節の筋肉の腸腰筋と呼ばれる筋肉は股関節から腰に付着している筋肉でこの筋肉の緊張は股関節のみならず腰にまで負荷をかけてしまいます。またこの腸腰筋が硬くなっている要因が背骨のゆがみにあることも検査でわかりました。そこで治療はこの骨盤や腰のゆがみを整えながら股関節の前面の筋肉を緩めていく事を行うと良いと考えました。

44歳 男性 お尻が痛くて前屈みになれない

2014年9月6日 カテゴリ:

【主な症状】
①前屈みでお尻の痛み
②歩くとお尻に痛み
③朝起き上がりが痛い

【問診】
歩行や前屈みでお尻がとても痛くなります。この痛みは半年前にもあったのですが、その時は2、3日で治ったのですが今回は2週間ぐらいずっと痛みが継続してあります。仕事は内装工事なので立ち仕事がほとんどでかなり辛いです。またサーフィンも毎週行っているので、早く解決したいと思いこちらのお店をホームページで探しました。

【治療と経過】
初回の治療は強い刺激の治療は避け、筋バランスを整えることをゆっくりと行いました。さらにテーピングを使いお尻への負担を減らしました。5日後に2回目の治療を行いました。その時は前かがみの痛みは少しあるが、歩行時の痛みは大分軽減していました。2回目からは積極的に骨盤や股関節へのカイロプラクティック治療を行いました。3回目には歩行時の痛みはなくなり、お尻に重い痛みが残っているぐらいになりました。治療経過はよいのでプランをかえず前回の継続治療を行いました。5回目の治療時には痛みはほぼ改善されました。

【カイロプラクターからのコメント】
この方は全身が硬く疲労感がとてもありました。お仕事が立ち仕事で天井の作業が多いのと、サーフィンでのパドリングの姿勢が腰やお尻への負荷を強くしていると考えられます。また骨盤のゆがみが強いのと股関節の柔軟性が低い事でさらにお尻への負担が強くなっていました。初回は炎症反応があり強い調整は適さないと判断し、緩和操作やテーピングを利用しました。それ以降は炎症もおさまり積極的な治療が行え5回でほぼ改善されました。
この方は日頃からだへの負担の大きい仕事と趣味をされているので定期的なメンテナンスが必要と考えています。

28歳 男性 肩こりに伴い頭がもやもやする

2014年8月30日 カテゴリ:

【主な症状】
①長時間の座り姿勢によって辛さはどんどん辛くなる。
②目が疲れやすい。
③パソコン画面がちかちかする。

【問診】
パソコンの仕事でゲームを作っています。就職して6年目ですが、ここ一年ぐらい肩こりが辛くなってしまいました。最近は、肩こりに加え頭痛やもやもやした感じが頭から目の回りにかけて出るようになっています。このような状態になってしまうと仕事が捗らず、効率が悪いです。

【治療と経過】
1回目のカイロプラクティック治療によって、その場での症状は改善できました。しかし、初回の治療では持続力が無く、3日後より徐々に症状が出てきてしまい次回来院時までに頭痛を感じるようになってしまいました。症状は、完璧に戻ることはありませんでしたが、辛い状態まではもどっていました。2~3回のカイロプラクティック治療によって治療後の持続が次第に伸びて行き1週間たっても症状が出ることは無くなりました。現在では5,6週間に一回程度の軽いメンテナンス治療を行っていれば、肩こりを感じることは無く、目の疲れも感じず仕事に差し支えることもなくなりました。

【カイロプラクターからのコメント】
最近このようなケースが増えております。以前は、肩こりを感じることはまったく無かったが、ここ最近辛くなってきた方。マッサージの回数が次第に増え、行く間隔も狭くなってきている方。このような方に共通するキーワードは「運動不足」「姿勢の悪さ」「パソコンの使用が長時間」です。この頃、パソコンを使わないで仕事をしている人は少なくなり、パソコンが無くてはならない存在です。少しでも負担を減らすようにパソコンのポジショニングや姿勢の良い状態を保つためのアイデアを自分なりに何個か知っておく必要があります。私たちはそのアドバイスという面でも役に立てるので、お気軽にお問い合わせ下さい。

42歳 女性 産前・産後の恥骨の痛み

2014年8月29日 カテゴリ:

【主な症状】
①仰向けから起き上がれない。
②仰向けで寝ていられない。
③長時間同じ姿勢が辛い。
④子供を抱っこ出来なくなっている。

【問診】
2が月前に第2子を出産しました。第2子の妊娠中より腰や恥骨の辺りが痛く辛い毎日をおくっていました。
知人よりトコちゃんベルトが有効と聞き、試してみましたが痛みが強くなり止めてしまいました。妊娠中は近くのマッサージ店では断られことが多く、妊娠中は控え産後に治そうと思いました。

【施術後の経過】
1回目のカイロプラクティック治療では、若干腰の痛みが軽減しましたがあまり変化出ませんでした。2~3回目治療で、腰の調子が良くなり仰向けで寝れるようになってきました。恥骨の痛みも若干痛みはあるものの4回の治療で生活には支障がなく、安心して子育てができるレベルまで回復しました。その後、腰の痛みや恥骨の痛みは疲れが溜まってくるとどうしても痛みが少し出てしまうみたいですが、定期的なメンテナンスで月に一回程度の間隔で治療をしていると痛みがくることなく過ごせます。

【カイロプラクターからのコメント】
1人目出産後よりも2人目出産後の方が、身体の悩みが多いと思います。これは加齢的なものではなく、出産・育児という生活の負担が大きいことを示すと思います。人間の身体が劇的に変化をする機会が出産です。非常に骨格への負担は大きいです。さらには、育児が大変で自分のことを考える余裕がないので、少しぐらいの痛みを我慢し続けているのも症状を悪化させる原因です。子連れでも安心して治療を受けてもらえるような体制を作っていますので、どうぞお気軽にご相談ください。

1 2 3 4 5

アクセス

  • JR・東京メトロ 錦糸町駅より 徒歩2分
  • 都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分
  • 錦糸町の整体コアカイロ錦糸町 TOP
  • スタッフ紹介
  • 症状別症例
  • 院内・設備紹介
  • アクセス・料金
トップに戻る