症例報告

49歳 男性 会社員 左下肢の痺れ・痛み

2017年5月12日 カテゴリ:

【主訴】
左のふくらはぎ〜つま先にかけての痺れ・痛み

【問診】
数年前から冷える時期になると症状が現れるようになったが、きっかけは特になし。
朝は楽だが、夕方にかけて症状が出現する。
お風呂で温まっている時や、暖かい時期になると症状は改善してゆく。

【治療と経過】
下腿三頭筋というふくらはぎの筋肉の緊張が強く、左のふくらはぎに静脈瘤が確認できました。
また反射の異常は確認されず症状の出るポイントが足の指先全てにあるため、血行不良による末梢血管への循環不良による症状の現れと判断し、
下腿の過緊張筋を緩めるように施術を行いつつ静脈瘤に対しては基本的に極端に刺激は入れず、ラジオ波で代謝を上げ循環を促すように経過を追いました。
初回から痛み・痺れの症状は少なくなり、3回目の施術以降痛みは改善し、若干の痺れ感が残っていますが現在3週に一度のペースご来院していただき改善の経過をたどっています。

【カイロプラクターからのコメント】
この方は静脈瘤により足の循環不良が原因で痺れや痛みを起こしたものだと考えられます。
慢性的に症状が続くと歩行異常により足の筋肉の張りが強くなったり、むくみや足の吊りやすさ、また腰痛の原因となるので気になる症状がある方は早めの治療をお勧めします。

静脈瘤がある場合、静脈血が再循環(逆流)している状態のため足の静脈に大きな負担をかけています。
本来、静脈瘤は立ち仕事をしている女性に多いとされていますが男性にも起きうる病気です。
症状が軽度の場合長時間の立位は避け、弾性のストッキングを着用し症状のある側を少し高く上げておくと症状は改善していきますが、
症状が酷く改善しないものや慢性の静脈血行不全がある場合などに対しては、大・小伏在静脈の皮下抜去(ストリッピング)、静脈の高位結紮術(こういけっさつじゅつ:静脈瘤が発生している静脈より高い位置で縛りつけ、血液の逆流を防ぐ方法)、静脈瘤の切除、硬化薬注入による治療などが行われます。
慢性的に症状が続くと、浮腫や出血、血栓性静脈炎や皮膚炎を起こし治りにくい皮膚のキズ(難治性潰瘍)を残すケースもあります。

33才 男性 慢性的な倦怠感と肩こり、腰痛

2015年2月6日 カテゴリ:

【主な症状】
①肩こり
②腰痛
③慢性的な体の倦怠感

【問診】
今年の4月に転職をし、デスクワーク中心の仕事になりました。それ以降、肩こり、腰痛、全身の倦怠感を感じるようになりました。整体やマッサージなどに通いましたが、あまり効果を感じることが出来ず、知人の紹介でこちらに来院しました。

【治療と経過】
初回の施術では、中背部の盛り上がりがかなり強く、首の前傾も相対的に強くなっていました。その為に首~肩にかけて繋がっている筋群の過度な緊張が認められました。骨盤の後傾および左右のねじれも大きく出ていましたので、パッと見た印象は上半身を折りたたんでいるような姿勢でした。
施術の内容は全身の筋肉の緩和操作と骨盤、背骨の矯正を行いました。また、下半身のストレッチを指導し、なるべく毎日行うようにして頂きました。

2回目の施術は1週間後に行いました。姿勢に大きな変化はまだ感じていないが、施術後は体が軽く、熟睡できた。また、腰痛と肩こりも以前に比べて軽い感じがすると報告を頂きました。
施術の内容は前回と同様に全身の緩和操作と骨盤、背骨の矯正を行いました。また、ジョギングをしていると膝が痛むことがあったとのことなので、足首、膝、股関節のチェックと矯正も追加で行いました。

3回目の施術も1週間後に行いました。
姿勢が徐々に変わり始めた感じが出てきて、最近視線が高くなったように感じる。また、この1週間は腰痛が1度も無かったとの報告を頂きました。
施術は2回目と同様に全身の緩和操作、骨盤、背骨、股関節の矯正を行いました。
また、新たに上半身のストレッチも追加で指導し、こちらもなるべく毎日行うようにして頂きました。

4回目以降の施術は2~3週間ごとに行っていきました。来院のたびに客観的に見ても分かるぐらい姿勢が変化していきました。また、腰痛や肩こりもほとんど感じることは無く、仕事が忙しいと多少感じる程度になったと報告を頂きました。

現在では4~5週間に1度のペースでメンテナンスを行いながら、ジョギングの際のコツや筋力トレーニングを指導し、実践して頂いております。

【カイロプラクターからのコメント】
この方はデスクワークによる姿勢の悪化が様々な症状を引き起こしている典型的な状態だったと考えられます。身長が180cmほどある細身の方ですが、デスクとイスがご自分に全く合っていないものを支給されていること。及び、それを全く調整せずに使っていたことで姿勢が徐々に悪くなっていき、肩こり、腰痛、倦怠感を引き起こしたと推測出来ます。
縮んだまま、固まってしまった筋肉を緩和操作とストレッチを行うことで柔軟性を回復させ、弱ってしまっている筋肉のトレーニングを行うことで、筋力バランスが整い、症状の改善、および早期の姿勢改善に繋がったケースだと考えております。

この方の様なケースでお悩みの方は非常に多く、いらっしゃいます。
ストレッチや筋力トレーニングも指導いたしておりますので、お悩みの方はぜひ1度来院してみて下さい。

32才 女性 ハイヒールを履いて歩くと腰が痛くなる

2014年12月19日 カテゴリ:

【主な症状】
①階段の昇降や歩行時に腰が痛くなる
②下半身のむくみ
③慢性的な肩こり

【問診】
 数ヶ月前からハイヒールを履いている際に、階段を昇ったり、地面を歩いていると腰が痛くなります。
ヒールを履いているときが一番辛いのですが、いわゆるスニーカーを履いている時でも腰が痛くなります。マッサージに月に2~3回通っていますがあまり効果を感じず、どうにかしたいと思い来院しました。

【治療と経過】
 初回の施術では下半身の筋肉の緊張とむくみがかなり際立っていたので、下半身のストレッチを行った後に筋肉の緩和操作と骨盤、背骨の矯正を行いました。また、上記にあるように下半身の緊張が強いので、自宅でハムストリングスとふくらはぎのストレッチを行うように指導しました。
 施術後にヒールを履いて階段を昇っていただいたところ、腰痛は消失していました。
 
 2回目の施術は1週間後に行いました。前回の来院後、2~3日は調子が良かったが、徐々にまた腰が痛くなってきたと報告を頂きました。ですが、階段を昇る際は問題なく、長時間座った後に歩くと腰が痛い程度とのことでした。施術は前回同様に全身の筋肉の緩和操作と骨盤、背骨の矯正を行いました。
 また、内転筋のストレッチを追加で指導しました。

 3回目の施術は3週間後でした。前回の施術後はかなり調子がよく、今回の来院の2~3日前から腰が重くなってきてはいるが痛むほどではないとの報告を頂きました。施術はこれまでと同様に全身の緩和操作と矯正を行いました。

 現在も3~4週間に一度のペースでメンテナンスで施術を受けて頂いています。

【カイロプラクターからのコメント】
 この方の腰痛の原因は問診にあるようにハイヒールが原因だと考えられます。ヒールを長期間履いているとつま先にばかり体重が集まります。この方の場合は爪先立ちを長時間していることで、ふくらはぎやハムストリングス(もも裏の筋肉)が緊張したままになってしまい、骨盤、股関節の動きを邪魔してしまっていることが原因です。歩行という動きは本来、腰、骨盤、股関節が連動することで正常に働くのですが、この方は骨盤と股関節がゆがんだまま動きづらい状態になっていました。そのために腰周辺の筋肉の負担が増大し、腰痛を引き起こしたと推測出来ます。
 下半身の筋肉の柔軟性を改善するためにストレッチを行っていただき、スムーズに筋肉が動けるようになったことで症状の改善に繋がったと考えられます。

30才 男性 バスケをしたら腰痛が悪化した

2014年12月12日 カテゴリ:

【主な症状】
①慢性的な腰痛
②左右の肩こり
③下半身の重だるさ

【問診】
 普段はデスクワークなのでずっと座りっぱなしです。先日、月に1度行っているバスケの試合に出場したところ、翌日から腰痛が悪化してしまいました。もともと腰痛は中学生の頃から感じていたのですが、今回は試合の前に準備体操などは一切やらずに試合に出たので、そのことが原因ではないかと考えています。 また、社会人になってから肩こりにも悩んでいます。

【治療と経過】
 初回の施術は、下半身の筋肉の緊張がかなり強く、軽い触診でも痛みを強く感じていた様なのでパートナーストレッチを行ってから、緩和操作を行いました。胸椎(背中の辺り)の後湾が減少し、平たい背中だったため、腰部への負担が増大していると判断し、胸椎を中心に全体的なバランスが取れるようにカイロプラクティックアジャストメントを用い、矯正しました。また、オフィスや自宅で下半身のストレッチを行うように指導しました。
 2回目の施術は1週間後に行いました。この際は胸椎の後湾もしっかりと確認出来たのですが、肩こりが軽くはなったものの気になるとのことでした。大胸筋や上腕、首の前面にある筋肉を重点的に緩和し、全体的に矯正を行いました。さらに肩こり改善のために首の前面、胸筋、上肢(腕のこと)の筋肉のストレッチも指導しました。
 3回目以降は症状もかなり改善し、ストレッチを忘れなければ特に辛くなることは無いとのことでした。現在ははセルフケアの一環として筋トレをして頂きながら、3~4週間に1度メンテナンスにいらして頂いています。

【カイロプラクターからのコメント】
 この方が症状を訴えるきっかけになったのはバスケでしたが、同じように突然スポーツをして体を痛めてしまった方は非常に多くいらしています。ゴルフやテニス、フットサル、ジョギングなどなど様々なスポーツをしている方がいらっしゃいますが、共通することは『準備不足』です。この方はバスケでしたが、普段の生活でしない動きを何の準備もなしに行ったため、体が付いていけていないことが原因と考えられます。日常のデスクワークで固まった筋肉に急に大きな負荷が掛かったために、症状が出現したと推測できるので、仕事の後のストレッチや軽い筋トレを行っていくことで体を準備することが大切になってきます。
 同じようにスポーツ後に体を痛めてしまった方は、ぜひご相談にいらして下さい。
  

27才 女性 仕事を始めてからの腰痛と慢性的な肩こり

2014年12月9日 カテゴリ:

【主な症状】
①長時間の座り姿勢で腰が痛くなる
②慢性的な肩こり
③体のゆがみ

【問診】
 就職し、デスクワークをするようになってから徐々に腰に痛みが出るようになりました。マッサージをたまに受けていましたが、あまり状態は変わらず現在まで過ごしてきました。通勤は最近、車を利用しているのですが、それもあまり良くないようで悪化傾向にあると感じています。
 また、肩こりもそれに伴って悪化しているように感じます。姿勢も昔からあまり良くないと言われることも多いので、そちらも改善できればと思い来院しました。

【治療と経過】
 初回の施術では全身の筋肉の緊張が強く、肩や首の可動域が狭くなっていました。筋肉の緩和操作を行い、脊椎のバランスが取れるように矯正しました。また、肩甲骨周囲の筋肉の緊張が特に強かったので、肩甲骨の体操を指導しました。
 2回目の施術は1週間後に行いました。この時、肩は動かしやすくなったが、肩こりが2~3日後にまた現れてきたと報告を頂きました。前回と同じように全身の筋肉の緩和操作と矯正を行いました。また、追加で首のストレッチも指導しました。
 3回目の施術も1週間後に行いました。腰痛はほとんど感じなくなり、座っている時の姿勢も変わってきたように感じ、肩も前回より長持ちしている感じがすると報告を頂きました。
 現在も1ヶ月に1度のペースでメンテナンスにいらして頂いています。

【カイロプラクターからのコメント】
 この方の腰痛や肩こりの原因はずばり『筋力不足!』です。とても小柄な女性なので、筋肉が細いのは仕方がありませんが、運動経験もあまり無い上に酷使しているところと、使っていない部位のバランスが崩れきっていたことが主な要因だと考えられます。肩甲骨周囲の柔軟性や可動性を改善することで全体のバランスが向上すると判断し、上記のストレッチや体操を行っていただきました。現在では、セラバンド(エクササイズ用のゴムバンド)を用いた筋トレも行って頂く様に指導しています。

 女性は筋トレを嫌がる傾向にありますが、簡単にできるものもご紹介出来ますので、気になる方はぜひ1度いらしてみて下さい。

38歳 男性 前屈みになると骨盤付近に痛み

2014年12月4日 カテゴリ:

【主な症状】
①前屈みになると腰が痛い
②肩こり
③背中の座りっぱなしでの背中の痛み

【問診】
一週間前のゴルフ後に左の腰が痛みを感じるようになりました。ただ腰痛は以前からもたびたび感じることがあり半年前にもこのような腰の痛みを感じていました。特に前屈みが辛いです。その他には座りっぱなしになると背中の真ん中あたりに痛みを感じます。肩こりは慢性的です。

【治療と経過】
動きの中で痛みがあり、仰向けやうつ伏せが辛い状態でした。そこで横向きでの殿部や股関節周りの筋への緩和操作や調整を行い腰にかかる負担を減らしていきました。うつ伏せが出来る状態に整えてからうつ伏せでの調整や緩和操作を行って行きました。セットアップで痛みを生じないことを確認しながら骨盤や腰へのカイロプラクティックアジャストメントを行い、そして最後にテーピングを使用しました。
2回目の治療時には最初の痛みの半減ぐらいの状態になっており、前屈みも前回よりはスムーズになっていました。しかしまだ違和感は残っているという事なので前回の継続治療と特に気になった股関節の筋肉である裏太ももの筋肉へのストレッチングをしっかり行いました。背中の痛みはやはり気になるとの事でした。
3回目には前屈みの痛みはなくなっており、少し腰が重いぐらいの状態でした。但し冷えると少し痛みを感じるとの事。経過は良好と判断し、継続治療とストレッチを行いました。また患部の血行を上げるためにもその周囲の関節へのモビリゼーションをしっかり行いました。
4回目の治療には腰はスッキリしている状態で背中もそれほど辛くない状態でした。

【カイロプラクターからのコメント】
この方の腰の状態は「動き過ぎ」というのが印象的でした。前屈みになると股関節があまり曲がらず、腰だけで丸まって前屈みになろうとするので、その癖が腰に負荷をかけ、傷めてしまう原因になっていると考えられました。特に股関節筋肉である裏太ももの筋肉(ハムストリングス)がとても硬く短縮しているのがわかりました。
そもそもゴルフの捻り運動は股関節で行っているので、股関節が動かないという事は無理やり腰でスイングしている結果になるので今回のような症状が誘発したと判断できました。
根本的な問題は股関節が硬いことであり、これが腰に負担をかけています。股関節の動きを制限している筋肉へのストレッチをしっかり行い、ご自宅でも行ってもらうよう指導をすることで4回の治療で大きく改善することが出来たと考えられます。

42歳 男性 お尻から足にかけてのいやな痛み

2014年12月1日 カテゴリ:

【主な症状】
①左殿部から足にかけての痛み
②左肩から腕にかけての痛み
③全身の硬さ

【問診】
全身が昔から硬かったです。数年前まではテニスをやったり運動していましたがここ何年かは運動をしていません。またテニスをやっている頃からあまりストレッチの習慣はありませんでした。それが原因かはわかりませんが、運動をやめてから左お尻から足にかけて何ともいえない嫌な痛みを感じるようになりました。マッサージにもいきますがあまりスッキリしません。

【治療と経過】
神経学検査、整形外科検査などで異常はありませんでした。積極的に歪み硬くなっている背骨やお尻の筋肉、肩甲骨周りの筋肉への調整を行いました。特に股関節の筋肉、胸の筋肉へのストレッチをしっかり行う事で可動域の向上を図っていきました。初回の治療後はとてもスッキリされたようでした。ただし2,3日ほどしか持たなかったようです。その後繰り返し6回の治療を行った時点では一週間はいい状態で保てるようになっていました。
ストレッチやエクササイズを指導し、毎日行ってもらう事で今では2週間に1回のペースのメンテナンス治療でもきつい身体の状態にならなくなってきたようです。

【カイロプラクターからのコメント】
腕も足も筋肉のトリガーポイントが原因でした。運動不足のうえ、お仕事ではほとんど座りっぱなしになることで、股関節周りの筋肉や肩甲骨周りの筋肉がガチガチになってしまい症状を引き起こす筋肉の硬結を形成してしまったと考えられます。
またこの方は以前はハードに運動されていたようですがその頃からストレッチをあまり行っていなかったようで、それが特に筋肉の短縮という筋肉が組織的に短くなってしまう状態を生んでいました。そのため今回のケースではゆがみの調整や筋肉の緩和操作だけでなく、ストレッチを行い筋肉の短縮を改善させていくことも重要でした。
改善はしており、コンディションは上がってきているのですが、どうしてもお仕事が最近とても忙しく、座りっぱなしが続くので2週に一回は治療を受けていただくようにしてい

62歳 男性 身体が硬く、ゴルフや卓球時に身体が動き辛い

2014年11月25日 カテゴリ:

【主な症状】
①腰痛
②不良姿勢
③ゴルフや卓球のパフォーマンス低下

【問診】
 定期的にゴルフと卓球を行っています。しかし最近身体が硬くて思うような結果を残せません。また姿勢が悪いためか、慢性的に腰が痛いです。仕事は1日中デスクワークで、これも身体の硬さや姿勢の悪さを生み出している要因だと感じています。
 最近までストレッチ屋さんでストレッチを行っていましたが、あまり効果がなくカイロプラクティックの治療がよいと友人から聞き、錦糸町の整体、コア・カイロプラクティックさんにお邪魔する事に決めました。

【治療と経過】
 やはり身体全体の姿勢の悪さや、四肢の関節の可動性の低下などが目立ちました。治療はそれらを改善するために背骨の調整と四肢の関節、特に股関節や肩甲骨の可動性を向上させるため、筋肉の緩和操作や調整を行っていきました。
 初回の治療後は丸まっていた姿勢がスッと伸び、スッキリしたとおっしゃっていました。その後ゴルフに行かれたら、とても調子がよくベストのスコアに近い成績が残せたと喜ばれていました。
 その後はゴルフ前にメンテナンスにいらっしゃっています。

【カイロプラクターからのコメント】
 ゴルフや卓球のようなスポーツは関節の柔軟性、特に股関節や肩甲骨の柔軟性がパフォーマンスに影響してきます。
 また関節だけでなく筋肉も硬く短縮した状態だと強い力を生み出すことが出来ません。そこで治療は関節の可動域をあげることと、筋肉の柔軟性もつけることも行う事でパフォーマンス向上を図りました。
 またこの方はお仕事が座りっぱなしでその時の座り姿勢がとても悪く、身体の硬さの原因になっています。座り方の指導や日常での体操もご指導する事でなるべく良い状態を保っていただくよう心がけて頂きました。
 ただどうしてもお仕事上座る時間が長いので、ゴルフや卓球をされる前にはメンテナンスにいらしていただいています。

30才 男性 バスケをしたら腰痛が悪化した

2014年11月22日 カテゴリ:

【主な症状】
①慢性的な腰痛
②左右の肩こり
③下半身の重だるさ

【問診】
普段はデスクワークなのでずっと座りっぱなしです。先日、月に1度行っているバスケの試合に出 場したところ、翌日から腰痛が悪化してしまいました。もともと腰痛は中学生の頃から感じていたの ですが、今回は試合の前に準備体操などは一切やらずに試合に出たので、そのことが原因ではないか と考えています。 また、社会人になってから肩こりにも悩んでいます。

【治療と経過】
初回の施術は、下半身の筋肉の緊張がかなり強く、軽い触診でも痛みを強く感じていた様なのでパ ートナーストレッチを行ってから、緩和操作を行いました。胸椎(背中の辺り)の後湾が減少し、平 たい背中だったため、腰部への負担が増大していると判断し、胸椎を中心に全体的なバランスが取れ るようにカイロプラクティックアジャストメントを用い、矯正しました。また、オフィスや自宅で下 半身のストレッチを行うように指導しました。
2回目の施術は1週間後に行いました。この際は胸椎の後湾もしっかりと確認出来たのですが、肩 こりが軽くはなったものの気になるとのことでした。大胸筋や上腕、首の前面にある筋肉を重点的に 緩和し、全体的に矯正を行いました。さらに肩こり改善のために首の前面、胸筋、上肢(腕のこと) の筋肉のストレッチも指導しました。
3回目以降は症状もかなり改善し、ストレッチを忘れなければ特に辛くなることは無いとのことでした。現在ははセルフケアの一環として筋トレをして頂きながら、3~4週間に1度メンテナンスに いらして頂いています。

【カイロプラクターからのコメント】
この方が症状を訴えるきっかけになったのはバスケでしたが、同じように突然スポーツをして体を 痛めてしまった方は非常に多くいらしています。ゴルフやテニス、フットサル、ジョギングなどなど 様々なスポーツをしている方がいらっしゃいますが、共通することは『準備不足』です。この方はバ スケでしたが、普段の生活でしない動きを何の準備もなしに行ったため、体が付いていけていないこ とが原因と考えられます。日常のデスクワークで固まった筋肉に急に大きな負荷が掛かったために、
症状が出現したと推測できるので、仕事の後のストレッチや軽い筋トレを行っていくことで体を準備 することが大切になってきます。
同じようにスポーツ後に体を痛めてしまった方は、ぜひご相談にいらして下さい。

28才 女性 慢性的な肩こりと腰痛

2014年11月15日 カテゴリ:

【主な症状】
①小学生の頃からの肩こり
②長時間の同姿勢ででる腰痛
③お腹を下しやすい

【問診】
小学生の高学年の頃から肩こりがありました。社会人になってからはパソコンで作業することが増え、肩こりも悪化しています。時々、マッサージに行きますがコリや疲れがすっきりしたことはありません。
また、最近では夕方になる頃には腰が痛みます。我慢して仕事をしていますが、悪化する一方です。
幼少期からお腹を下すことはありますが、それも最近では悪化している気がします。

【治療と経過】
初回の施術では肩~首にかけてのコリが特に酷かったので、全身的なバランスの調整の他に、上腕~前腕にかけて入念に筋肉の緩和操作と指、手首、肘の矯正も行いました。また、仕事の後に必ず前腕のストレッチを行うように指導しました。
2回目の施術では肩こりは大分軽減したようですが、代わりに腰の痛みが気になるようになったとのことでした。前回同様に全身的なバランスを調整するようにカイロプラクティック施術を行い、股関節周辺のストレッチを指導しました。
3~6回目の施術も同様に全身のバランス調整を行う目的でカイロプラクティック施術を行いました。
現在では症状もかなり改善し、ストレッチを忘れなければ問題はあまり無いと報告を頂きました。お腹の調子も来院するようになってから良くなってきているとも仰っていました。
最近では1ヶ月に1度、来院して頂きメンテナンスといった感じで施術を受けて頂いています。また、再発予防の観点からトレーニングとしてチューブエクササイズも行って頂いています。

【カイロプラクターからのコメント】
この方の第一印象は『メッチャ姿勢悪!』でした。
典型的な猫背な上に、かなり体の線が細く筋力もあまりありませんでした。その為か本来、体が取るべき姿勢を維持できていなかったことが今回の症状に繋がると考えられます。所謂、猫背の状態では頭が胴体の上に乗っていないことが多く、首~肩の筋肉の負担は増すばかりです。さらにパソコン作業が多いデスクワークでは筋肉がリラックスする時間も短く、疲れる一方です。ストレッチや体操で肩周辺の筋肉の血行を改善することで症状の改善に繋がったと考えられます。
腰痛も同様に筋力不足と負担の増加が原因と推測できます。正しい背骨の湾曲が損なわれていると、腰にばかり負荷がかかります。また、周囲の筋肉だけではなく椎間板や股関節を痛めることもあります。
デスクワークの方は様々な症状で悩んでいることが多いと感じています。
現在悩んでいる方はぜひ一度ご相談にいらして下さい!

1 2 3 4 5

アクセス

  • JR・東京メトロ 錦糸町駅より 徒歩2分
  • 都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分
  • 錦糸町の整体コアカイロ錦糸町 TOP
  • スタッフ紹介
  • 症状別症例
  • 院内・設備紹介
  • アクセス・料金
トップに戻る