症例報告

39歳 女性 産後の腰痛、肩こり

2014年8月27日 カテゴリ:

【主な症状】
①腰痛
②肩こり

【問診】
出産して以降、育児が大変で腰と肩がパンパンに張ってしまいつらい。
現在産後4ヶ月でこれまでに右手腱鞘炎になったのを注射で治療し、現在は左手も腱鞘炎になりそうになっている。
【治療と経過】
1回目のカイロプラクティック治療で、腰、肩のつらさは大分楽になった。
しかし、筋肉の張り感は残っているため継続してカイロプラクティック治療を行った。
2回目のカイロプラクティック治療後も順調に改善がみられた。
3回目のカイロプラクティック治療で腰、肩ともに良好であったため、メンテナンス治療に移行した。

【カイロプラクターからのコメント】
初産で、産後4ヶ月のため育児疲れを溜めていた方でした。
抱っこと家事で腱鞘炎になるほど負担がかかっていました。
カイロプラクティック治療で背骨と筋肉の調整を行っていくと、育児や家事の量は変化がないにも関わらず調子の良い一週間を送れるようになってきました。
溜め込んでいた疲労が取れてくるのに合わせて背骨の状態が良くなってくると、日常の生活が送りやすく、疲労もためにくくなってきます。特に、ママさんは疲労が溜まりやすいです。
なるべく我慢することなくケアを続けられると、自分の身体もココロも元気でいられます。
ママの身体とココロが元気であれば、育児も家事も家庭の事もなんでも楽しく、気持ちよくできるものです。
疲れてくるとそれがイライラにつながってしまうので、育児に支障がでたりしてしまいます。
今回の患者さんは、カイロプラクティック治療が非常に効果的でした
これからも育児のため身体を酷使するので、メンテナンス治療を定期的に行っていきます。

 

アクセス

  • JR・東京メトロ 錦糸町駅より 徒歩2分
  • 都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分
  • 錦糸町の整体コアカイロ錦糸町 TOP
  • スタッフ紹介
  • 症状別症例
  • 院内・設備紹介
  • アクセス・料金
トップに戻る