症例報告

46歳 男性 左手の指先のしびれ

2014年11月4日 カテゴリ:

【主な症状】
①左手と右手の痺れ
②背中のハリ
③首のコリ

【問診】
1ヶ月前から左手の指がしびれるようになった。
右手にも同じようなしびれが稀に出るが、左手ほどしびれは強くない。
マッサージに1週間に3回のペースで通ったが改善しない。
しびれている指は第2~4指である。

【治療と経過】
初回の施術では背中の後湾が強かった為、その部位を改善するために骨盤の矯正と股関節周囲の筋 肉を緩和することを中心に全身的に施術を行いました。
2回目の施術では右手のしびれは消失。左手は若干しびれは残っているが程度と頻度は軽くなった との報告を頂きました。
3回目の施術では、しびれの程度は変わらないが頻度はほぼ無いに等しいぐらいになったと報告を 頂きました。
施術の後に大胸筋のストレッチと肩甲骨周囲の筋肉の体操を行うようにアドバイスをし、毎日お風 呂上りに行うようにして頂きました。
4回目以降の施術では左の肩周囲および左胸周囲の筋肉の緊張が残りやすいので、その部位を中心 に施術を行い、左の上腕、前腕にも施術を行うようにしています。
現在も1週間に1度のペースで施術を行っています。

【カイロプラクターからのコメント】
この方の手のしびれは検査の結果、頚椎からの影響では無いと判断しました。
体型は所謂マッチョな方なので、首や胸、腕の筋肉による血管や神経の締め付けが原因で、胸郭出 口症候群と言われる状態になってしまっていたと考えられます。
長時間のデスクワークの所為で、背中の後湾もかなり強くなっており、姿勢もあまり良い状態では 無かったことも発症の原因になっていたと考えられます。
PCのセッティングや冷房による冷えも血行不良の一因になることも伝え、環境を変えて頂いたこ とも症状の改善に役立ったと思われます。

43歳 女性 何をしていても左手にしびれ感がある

2014年9月27日 カテゴリ:

【主な症状】
どんな姿勢をしていても左手にしびれ感

【問診】
1月前から左の肩甲骨付近に痛みを感じるようになった。そのまま放置しておくと2週間前ぐらいから左手全体にしびれのような痛みが感じられるようになった。この痛みは今まで感じたことの無いものです。肩や首のこり、痛みも今まで感じたことはありません。原因で考えられるのは毎週末にピアノを3時間ぐらい弾いてることです。仕事は基本的にデスクワークです。

【治療と経過】
肩甲骨周りの筋肉へのトリートメントを行いました。その中でも肩甲下筋と呼ばれる筋へのアプローチをしっかり行いました。1回目の治療後は腕のしびれ感は無くなりました。一週間後二回目の来院時には少ししびれ感がもどっていましたが、最初に比べれば半減以下の状態でした。その後2回の治療を行う事で症状は無くなり、治療終了としました。

【カイロプラクターからのコメント】
この方は神経学検査ではエラーは無く、神経圧迫による症状の可能性は低いと考えられました。また首の動きでも症状の悪化はなく、肩甲骨の筋である肩甲下筋への押圧により症状が強くなる事から、この筋肉のトリガーポイントによるものであるとわかりました。そのため治療はこの肩甲下筋のトリガーポイント治療を中心に行い、その部分ni
負担をかけないような姿勢に改善させることで症状改善が図れました。

アクセス

  • JR・東京メトロ 錦糸町駅より 徒歩2分
  • 都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分
  • 錦糸町の整体コアカイロ錦糸町 TOP
  • スタッフ紹介
  • 症状別症例
  • 院内・設備紹介
  • アクセス・料金
トップに戻る