症例報告

30才 男性 バスケをしたら腰痛が悪化した

2014年12月12日 カテゴリ:

【主な症状】
①慢性的な腰痛
②左右の肩こり
③下半身の重だるさ

【問診】
 普段はデスクワークなのでずっと座りっぱなしです。先日、月に1度行っているバスケの試合に出場したところ、翌日から腰痛が悪化してしまいました。もともと腰痛は中学生の頃から感じていたのですが、今回は試合の前に準備体操などは一切やらずに試合に出たので、そのことが原因ではないかと考えています。 また、社会人になってから肩こりにも悩んでいます。

【治療と経過】
 初回の施術は、下半身の筋肉の緊張がかなり強く、軽い触診でも痛みを強く感じていた様なのでパートナーストレッチを行ってから、緩和操作を行いました。胸椎(背中の辺り)の後湾が減少し、平たい背中だったため、腰部への負担が増大していると判断し、胸椎を中心に全体的なバランスが取れるようにカイロプラクティックアジャストメントを用い、矯正しました。また、オフィスや自宅で下半身のストレッチを行うように指導しました。
 2回目の施術は1週間後に行いました。この際は胸椎の後湾もしっかりと確認出来たのですが、肩こりが軽くはなったものの気になるとのことでした。大胸筋や上腕、首の前面にある筋肉を重点的に緩和し、全体的に矯正を行いました。さらに肩こり改善のために首の前面、胸筋、上肢(腕のこと)の筋肉のストレッチも指導しました。
 3回目以降は症状もかなり改善し、ストレッチを忘れなければ特に辛くなることは無いとのことでした。現在ははセルフケアの一環として筋トレをして頂きながら、3~4週間に1度メンテナンスにいらして頂いています。

【カイロプラクターからのコメント】
 この方が症状を訴えるきっかけになったのはバスケでしたが、同じように突然スポーツをして体を痛めてしまった方は非常に多くいらしています。ゴルフやテニス、フットサル、ジョギングなどなど様々なスポーツをしている方がいらっしゃいますが、共通することは『準備不足』です。この方はバスケでしたが、普段の生活でしない動きを何の準備もなしに行ったため、体が付いていけていないことが原因と考えられます。日常のデスクワークで固まった筋肉に急に大きな負荷が掛かったために、症状が出現したと推測できるので、仕事の後のストレッチや軽い筋トレを行っていくことで体を準備することが大切になってきます。
 同じようにスポーツ後に体を痛めてしまった方は、ぜひご相談にいらして下さい。
  

62歳 男性 身体が硬く、ゴルフや卓球時に身体が動き辛い

2014年11月25日 カテゴリ:

【主な症状】
①腰痛
②不良姿勢
③ゴルフや卓球のパフォーマンス低下

【問診】
 定期的にゴルフと卓球を行っています。しかし最近身体が硬くて思うような結果を残せません。また姿勢が悪いためか、慢性的に腰が痛いです。仕事は1日中デスクワークで、これも身体の硬さや姿勢の悪さを生み出している要因だと感じています。
 最近までストレッチ屋さんでストレッチを行っていましたが、あまり効果がなくカイロプラクティックの治療がよいと友人から聞き、錦糸町の整体、コア・カイロプラクティックさんにお邪魔する事に決めました。

【治療と経過】
 やはり身体全体の姿勢の悪さや、四肢の関節の可動性の低下などが目立ちました。治療はそれらを改善するために背骨の調整と四肢の関節、特に股関節や肩甲骨の可動性を向上させるため、筋肉の緩和操作や調整を行っていきました。
 初回の治療後は丸まっていた姿勢がスッと伸び、スッキリしたとおっしゃっていました。その後ゴルフに行かれたら、とても調子がよくベストのスコアに近い成績が残せたと喜ばれていました。
 その後はゴルフ前にメンテナンスにいらっしゃっています。

【カイロプラクターからのコメント】
 ゴルフや卓球のようなスポーツは関節の柔軟性、特に股関節や肩甲骨の柔軟性がパフォーマンスに影響してきます。
 また関節だけでなく筋肉も硬く短縮した状態だと強い力を生み出すことが出来ません。そこで治療は関節の可動域をあげることと、筋肉の柔軟性もつけることも行う事でパフォーマンス向上を図りました。
 またこの方はお仕事が座りっぱなしでその時の座り姿勢がとても悪く、身体の硬さの原因になっています。座り方の指導や日常での体操もご指導する事でなるべく良い状態を保っていただくよう心がけて頂きました。
 ただどうしてもお仕事上座る時間が長いので、ゴルフや卓球をされる前にはメンテナンスにいらしていただいています。

30才 男性 バスケをしたら腰痛が悪化した

2014年11月22日 カテゴリ:

【主な症状】
①慢性的な腰痛
②左右の肩こり
③下半身の重だるさ

【問診】
普段はデスクワークなのでずっと座りっぱなしです。先日、月に1度行っているバスケの試合に出 場したところ、翌日から腰痛が悪化してしまいました。もともと腰痛は中学生の頃から感じていたの ですが、今回は試合の前に準備体操などは一切やらずに試合に出たので、そのことが原因ではないか と考えています。 また、社会人になってから肩こりにも悩んでいます。

【治療と経過】
初回の施術は、下半身の筋肉の緊張がかなり強く、軽い触診でも痛みを強く感じていた様なのでパ ートナーストレッチを行ってから、緩和操作を行いました。胸椎(背中の辺り)の後湾が減少し、平 たい背中だったため、腰部への負担が増大していると判断し、胸椎を中心に全体的なバランスが取れ るようにカイロプラクティックアジャストメントを用い、矯正しました。また、オフィスや自宅で下 半身のストレッチを行うように指導しました。
2回目の施術は1週間後に行いました。この際は胸椎の後湾もしっかりと確認出来たのですが、肩 こりが軽くはなったものの気になるとのことでした。大胸筋や上腕、首の前面にある筋肉を重点的に 緩和し、全体的に矯正を行いました。さらに肩こり改善のために首の前面、胸筋、上肢(腕のこと) の筋肉のストレッチも指導しました。
3回目以降は症状もかなり改善し、ストレッチを忘れなければ特に辛くなることは無いとのことでした。現在ははセルフケアの一環として筋トレをして頂きながら、3~4週間に1度メンテナンスに いらして頂いています。

【カイロプラクターからのコメント】
この方が症状を訴えるきっかけになったのはバスケでしたが、同じように突然スポーツをして体を 痛めてしまった方は非常に多くいらしています。ゴルフやテニス、フットサル、ジョギングなどなど 様々なスポーツをしている方がいらっしゃいますが、共通することは『準備不足』です。この方はバ スケでしたが、普段の生活でしない動きを何の準備もなしに行ったため、体が付いていけていないこ とが原因と考えられます。日常のデスクワークで固まった筋肉に急に大きな負荷が掛かったために、
症状が出現したと推測できるので、仕事の後のストレッチや軽い筋トレを行っていくことで体を準備 することが大切になってきます。
同じようにスポーツ後に体を痛めてしまった方は、ぜひご相談にいらして下さい。

15才 女性 右足首の捻挫から始まった股関節と腰の痛み

2014年11月13日 カテゴリ:

【問診】
 2ヶ月ほど前にバスケの練習中に右足首の内反捻挫をしました。
 その後、2週間前ぐらいから右膝の痛みを感じるようになり、3日前から右股関節前面、骨盤と腰の境目付近にも痛みを感じるようになりました。
 痛みを強く感じるのは動きだした瞬間に多く、イスから立ち上がったり、歩き出しの際に腰が痛みます。

【主な症状】
 ①骨盤と腰の境目の痛み
 ②右膝の外側の痛み
 ③右足首外側の痛み
 ④肩~首の付け根のコリ

【治療と経過】
 初回の施術では下半身の筋肉が凝り固まっていたので、緩和操作と骨盤、背骨の矯正を行いました。
 膝周囲は大腿四頭筋とハムストリングをほぐした程度にし、足首は矯正とテーピングのみを行いました。
 2回目の施術では、腰の痛みと右股関節周辺の痛みは劇的に改善し、ほぼ痛みを感じなくなった。しかし、右足首はやや不安があるとのことでした。施術は筋肉の緩和操作と背骨の矯正のみを行いました。また、ふくらはぎの筋肉の緊張が強くアキレス腱の伸びも悪かったのでグラストンテクニックを用いて、ふくらはぎの施術も行いました。
 現在も2週間に1度のペースで施術を受けて頂いています。

【カイロプラクターからのコメント】
 この方は愁訴にある通り足首の捻挫がすべての始まりでした。足首の靭帯を痛めたことで関節の固定力が弱まり、それを補うように周囲の筋肉がフォローしていました。ですが、そのままの状態でバスケの練習(週に4~6回)を続けたことで膝や股関節にまで負担をかけてしまったことが今回の症状の原因と考えられます。
 キネシオテープという伸縮性のあるテープで足首をサポートすることで、膝や股関節の負担を抑えることは出来ましたが、痛めてしまった靭帯の代わりをしている脛の筋肉を鍛えることで再発防止に繋がっていくと思われます。

58歳 男性 ゴルフをすると腰が痛い

2014年10月27日 カテゴリ:

【主な症状】
①常に腰が重たい
②ゴルフをするとその後腰が痛い
③寝起きがつらい

【問診】
腰が重いことが気になる。最近腰がスッキリした事がない。特にゴルフをした後腰がとても痛くなります。仕事はデスクワークが中心で、出張で関西から東京に行く事が多く移動が多いとの事。また朝の起き上がりがとてもつらいようです。過去に1回ぎっくり腰を経験しています。

【治療と経過】
腰の筋肉や関節の硬さ、そして股関節の硬さが目立ちました。治療は初回から積極的にこちらの緩和操作を行いました。3回目ぐらいまでは腰の重さはなかなかスッキリしませんでしたが、4回目の治療後にはかなりスッキリしてきたとのことでした。ただゴルフ後はまだ腰が張るようなので、継続して股関節の硬さを取り除くことを行っています。

【カイロプラクターからのコメント】
座りっぱなしが影響して股関節がとても硬くなっていました。また腰椎の可動域も少なくなり腰部の前弯も減少していました。
そもそもゴルフというスポーツは強いからだの捻り運動を必要としています。その捻り運動で重要なのは股関節です。腰の背骨である腰椎は身体を前や後ろに倒す動きに特化した構造であり、捻る運動には適していません。そのため股関節が硬いと腰を無理に捻らないといけなくなり、筋肉や関節を傷めてしまう原因になってしまいます。そこで症状は腰ですが、腰椎の調整だけでなく股関節の柔軟性をつけていく事が腰痛改善につながると判断しました。

26歳 男性 ランニング中の膝の痛み

2014年8月19日 カテゴリ:

【主な症状】
①10分くらいランニングすると膝の外側が痛みだす。

【問診】
来院1ヶ月前に出場したトライアスロンの大会以降、左膝の外側の奥のほうが痛み出した。
10分程ランニングすると痛みが出始める。痛み出すと膝の屈伸運動で痛みが増加する。
O脚に悩んでいる。

【治療と経過】
1回目のカイロプラクティック治療後は、ランニングはせずに、自転車に40kmくらい乗ったが痛みは出なかった。
2回目のカイロプラクティック治療は、O脚予防のトレーニングと痛み防止のためにストレッチ指導もしていった。
しかし、ランニングすると痛むは出た。
3回目のカイロプラクティック治療後もランニングしてしまうと痛みが出てしまい、階段の下りも痛んでいた。
4回目のカイロプラクティック治療後は、2kmくらいは痛みが無く走れ、1kmのインターバルをするとやはり痛みが出てきた。
5回目のカイロプラクティック治療後は、自分でできるテーピング方法とアイシング方法、路面の状態なども指導した。すると、走っても痛みが出なくなった。
6回目のカイロプラクティック治療を行い、ハーフマラソンの大会に備えた。
大会では、残り800mくらいから痛みが出たが、それ以前は全く痛み無く走れたため、目標タイムを大幅にクリアできた。
現在も次の大会の為に継続メンテナンス中。

【カイロプラクターからのコメント】
今回の症例は、ランニング時の膝痛。いわゆるランナーズニーでした。
学生時代からサッカーをやっていたこともあり下半身への負荷は大きく、O脚も今回の痛みに関与していたと考えられます。O脚の場合、足の外側にテンションがかかりやすくなります。
足の外側には腸脛靭帯があります。
その腸脛靭帯のテンションが高まっているとランニング中に膝で骨とこすれて痛みを誘発してしまいます。腸脛靭帯だけでなく足全体の筋肉が硬い患者であったため、ストレッチ指導も行いました。
しかし、痛みも取れにくかったのと大会が近かったことからテーピングとアイシングを自分でしっかり行ってもらうようにして練習をしてもらいました。
ランニングしている路面の状態なども指導し、注意してもらいました。
話をしっかり聞いて、守っていただけるかただったので改善はスムーズでした。。
最近のランニングブームでランニング人口は、急激に増加したと思いますが、ケアにまで気持ちが向いている人は少ないように感じます。
大会に出ることが目標となり根性で練習している人も多いです。
大会は何度もあります。怪我をしてしまっては走ることからも遠ざかってしまうので、焦らず基本から身につけていき、怪我をしない身体作りが大切だと思います。
これからの人生長く走って行きたいとお考えの方は、是非ご相談下さい!

 

 

55歳 男性 ゴルフ後に腰痛

2014年8月11日 カテゴリ:

【主な症状】
①前屈みで右腰が痛い
②靴下を履くのがつらい
③股関節の硬さ

【問診】
慢性的に腰痛があります。そして趣味でゴルフをしているのですが、ここ2,3ヶ月ゴルフの後に強い腰痛が出る事が多くなってきました。足に痺れとかまではないのですが、腰からお尻にかけて痛みがあり、朝は前屈みになるのがつらく、特に靴下を履くことが困難です。徐々に腰の痛みが強くなってきているきがするので、コアカイロ錦糸町さんにうかがいました。

【治療と経過】
足の痺れや神経症状はなかったので、積極的に治療を行いました。股関節の硬さ取り除くことを筋肉や関節にアプローチして行いました。5回の治療で痛みは改善されましたが、股関節の硬さが残っている状態でした。そのためご自身での股関節周りのストレッチを指導し、合わせて治療をおこない、最初の頃と比べると随分と股関節は柔らかくなりました。

【カイロプラクターからのコメント】
慢性的な腰痛があったことからも腰や股関節周りの筋肉がとても硬くなっていました。特に股関節の硬さは際立っていました。ゴルフというのは股関節をかなり使うスポーツで、それが使えないと腰に無理な捻転が加わってしまいとても負担をかけてしまいます。今回はそのケースで腰の状態を悪化させたと考えられます。
ゴルフをされる方は股関節がとても重要です。日頃からデスクワークで股関節が硬いなっと思われるデスクワーカーの方は一度カイロプラクティックを受けられる事をおススメします。

29歳 男性 ゴルフで背中を痛める

2014年7月9日 カテゴリ:

29歳 男性 ゴルフで背中を痛める

【主な症状】
①身体を捻ると強い背中の痛み
②呼吸でも痛い

【問診】
最近立て続けにゴルフのラウンドをする事があり、その後から背中が痛くて身体を動かす事が困難になっています。一番痛みがでるのは身体を捻る動きです。また咳やくしゃみはもちろん、深呼吸をすると痛みが出ます。仕事はデスクワークをしていますが、長時間座りっぱなしから動き出しも痛みがあります。また一月後にゴルフのラウンドがあるのですがそれまでに治したいと考え来院しました。

【治療と経過】
背中の筋肉の一部を傷めているため、その患部への直接の治療は治癒促進のための超音波を利用しました。そしてその筋肉の治癒の妨げになっている、背骨の歪みや硬さを負担をかけないように調整していきました。3回目の治療では患部の炎症も治まり、痛みが軽
減してきたので積極的にカイロプラクティック治療を行いました。最終的に6回の治療で改善し、ゴルフに行く事ができたようです。

【カイロプラクターからのコメント】
この方は日常デスクワークで、背中を丸めてほとんど座っている事が多かったため、背中の柔軟性や筋力が著しく低下していました。その状態でゴルフのスイングを何回も行った事で背中の筋肉の一部を損傷させてしまったと考えられます。ゴルフのスイングは思っているよりもとても体への負荷が強く、運動不足で硬くなっている体ではとても耐えられません。しっかり日常からストレッチやエクササイズを行うことで筋力をキープしながら、定期的なカイロプラクティック治療を受けられる事がゴルフの障害予防になります。

錦糸町 整体 スポーツ障害

アクセス

  • JR・東京メトロ 錦糸町駅より 徒歩2分
  • 都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分
  • 錦糸町の整体コアカイロ錦糸町 TOP
  • スタッフ紹介
  • 症状別症例
  • 院内・設備紹介
  • アクセス・料金
トップに戻る