症例報告

52歳 男性 美容師 全身の疲れとぎっくり腰予防

2015年6月1日 カテゴリ:

‹主な症状›
全身の疲れ
足のだるさ
腰に違和感(ぎっくり手前)

‹問診›
全身の疲れを感じます。
疲れのせいか腰に強い違和感があり、今にもぎっくり腰を起こしそうな感じがします。
原因は最近人が抜けて人手不足で休みがほとんどないからのようです。
職業柄立ちっぱなしが多くそれが足の疲れにもつながっているようです。
ぎっくり腰は過去に何度も患っています。
今回は疲れをとることとさらにはぎっくり腰予防もお願いしたくて来院しました。

‹治療と経過›
来院時には猫背姿勢、スウェーバック姿勢が顕著でした。
また背骨もかたく柔軟性が全体的に著しく低下していました。
足の疲れもこの姿勢の悪さがさらに強くしていると考えられた。
姿勢を悪くしている原因である骨盤や背骨の調整を行いました。
さらに硬くなっている背骨や関節を動きをつけるよう調整を加えていきました。
疲れている筋肉にも積極的に緩和操作を行いました。

続けて3回治療したところ2週間は楽な状態が続くようになり、ぎっくり腰の気配はなくなりました。

‹カイロプラクターからのコメント›
とにかくとても疲れている方でした。
また骨盤の歪みがとても強く姿勢がその影響で悪くなっていました。
この骨盤の歪みがぎっくりの原因になっていると考えられました。
さらにはこの方は背骨や股関節が柔軟性が低下していました。
この背骨が動きにくいというのは大変身体が疲れやすくなります。

38歳 男性 前屈みになると骨盤付近に痛み

2014年12月4日 カテゴリ:

【主な症状】
①前屈みになると腰が痛い
②肩こり
③背中の座りっぱなしでの背中の痛み

【問診】
一週間前のゴルフ後に左の腰が痛みを感じるようになりました。ただ腰痛は以前からもたびたび感じることがあり半年前にもこのような腰の痛みを感じていました。特に前屈みが辛いです。その他には座りっぱなしになると背中の真ん中あたりに痛みを感じます。肩こりは慢性的です。

【治療と経過】
動きの中で痛みがあり、仰向けやうつ伏せが辛い状態でした。そこで横向きでの殿部や股関節周りの筋への緩和操作や調整を行い腰にかかる負担を減らしていきました。うつ伏せが出来る状態に整えてからうつ伏せでの調整や緩和操作を行って行きました。セットアップで痛みを生じないことを確認しながら骨盤や腰へのカイロプラクティックアジャストメントを行い、そして最後にテーピングを使用しました。
2回目の治療時には最初の痛みの半減ぐらいの状態になっており、前屈みも前回よりはスムーズになっていました。しかしまだ違和感は残っているという事なので前回の継続治療と特に気になった股関節の筋肉である裏太ももの筋肉へのストレッチングをしっかり行いました。背中の痛みはやはり気になるとの事でした。
3回目には前屈みの痛みはなくなっており、少し腰が重いぐらいの状態でした。但し冷えると少し痛みを感じるとの事。経過は良好と判断し、継続治療とストレッチを行いました。また患部の血行を上げるためにもその周囲の関節へのモビリゼーションをしっかり行いました。
4回目の治療には腰はスッキリしている状態で背中もそれほど辛くない状態でした。

【カイロプラクターからのコメント】
この方の腰の状態は「動き過ぎ」というのが印象的でした。前屈みになると股関節があまり曲がらず、腰だけで丸まって前屈みになろうとするので、その癖が腰に負荷をかけ、傷めてしまう原因になっていると考えられました。特に股関節筋肉である裏太ももの筋肉(ハムストリングス)がとても硬く短縮しているのがわかりました。
そもそもゴルフの捻り運動は股関節で行っているので、股関節が動かないという事は無理やり腰でスイングしている結果になるので今回のような症状が誘発したと判断できました。
根本的な問題は股関節が硬いことであり、これが腰に負担をかけています。股関節の動きを制限している筋肉へのストレッチをしっかり行い、ご自宅でも行ってもらうよう指導をすることで4回の治療で大きく改善することが出来たと考えられます。

30才 男性 ダンスの練習中に起きたぎっくり腰

2014年11月18日 カテゴリ:

【主な症状】
①ぎっくり腰
②体を前に倒せない
③歩くと痛みが強くなる

【問診】
先日から始まった舞台の練習中にぎっくり腰になってしまいました。
歩くのがやっとで、体を前に倒すことが出来ません。逆に後ろに反らすことは出来ます。
普段から腰には違和感があり、ストレッチで誤魔化していました。

【治療と経過】
 初回の施術は手を出せるところがかなり限られていました。来院する3時間ほど前に腰を痛めてしまったので、かなり炎症が強い状態だったからです。幸い、アイシングを御自身で行われていたので、動くことは出来たみたいですが、あまりいい状態とは言えませんでした。施術は横向きで寝た状態で行い、下半身と背中の筋肉を緩和し、矯正は行いませんでした。また、施術後にキネシオテープで固定し、その上から持参された腰痛ベルトを巻いて固めました。
 2回目の施術は3日後に行いました。炎症は大分治まった様なので、股関節周囲の筋肉の緩和操作、骨盤、背骨の矯正を行いました。また、普段行っているストレッチには足りない部位があったので、指導させて頂きました。
 3回目の施術は1週間後でした。症状は寛解しほぼ問題ないとのことでした。施術は全身の緩和操作と背骨、骨盤の矯正をして終えました。
 現在も疲労の回復やメンテナンスを受けに来院していただいています。

【カイロプラクターからもコメント】
 この方は一言で言いますと『動きすぎ』です。ダンサーと言う職業なので致し方ないことではありますが、どうやら普段のメンテナンスを怠っていたみたいです。
 問診にもあるようにストレッチはしていた様ですが、ハムストリングやアキレス腱、背中や首、肩周りのみになっていたのです。一見、十分なように感じますが腹筋や胸筋、股関節前面のストレッチは行っていなかったのです。
 人の体は構造的に前側の筋肉が縮まりやすくなっています。その部分を伸ばさずにダンスなどの激しい動きをしていると、徐々に後側の筋肉に負担が集まりやすくなります。もちろん関節にも。
 腹筋や股関節の筋肉のストレッチを継続的に行って頂いているので、最近では姿勢も良くなり腰の不安感も無いと先日、報告も頂きました。

34歳 男性 仕事が忙しくてぎっくり腰を何度も繰り返す

2014年9月30日 カテゴリ:

【主な症状】
①右腰の痛み
②立ちっぱなしで痛み増悪
③全身の疲労感

【問診】
ここ最近ぎっくり腰を3回ぐらいやっています。最短で3ヶ月前にやっています。その後から右腰が痛くて、特に立ちっぱなしがつらいです。仕事の内容は平日はデスクワークで土日はずっと立ち仕事です。この立ち仕事をしているととても痛くなり、前屈みが出来ないくらいになります。
最近会社を立ち上げたのでこの1年ぐらいまともに休みが無い状態で、全身に疲労感があります。

【治療と経過】
この方はカイロ治療が初めてで、さらにカイロプラクティックのアジャストメントにとても恐怖心がありました。そのため治療に入る前にしっかり説明を行い納得のうえ治療に入りました。治療は骨盤の右側の関節のズレを整え、右股関節の硬さの改善、全身の緊張の緩和を行いました。さらにテーピングも利用して安定させていきました。4回ほどの治療でかなり痛みが改善されてきました。しかしこの方は忙しい方でどうしても身体の酷使が激しいので、2週間に一度ほどのメンテナンス治療を行っています。

【カイロプラクターからのコメント】
骨盤のズレと右の股関節の硬さがとても目立っていました。さらにはしっかり身体を休めることが出来ていないことから筋肉の疲労がとてもありました。これらが原因で何度もぎっくり腰をやってしまい、慢性的な腰痛の原因になっていたようです。これらを取り除くことを行う事で順調に改善していきましたが、やはり仕事が忙しいという事で、立ちっぱなしがと長くなると少し腰が痛くなることがある状態であったため、2週間に一回はメンテナンスが必要だと判断しました。

20代 男性 はじめての腰痛

2014年9月26日 カテゴリ:

【主な症状】
①前屈みで腰痛悪化
②猫背姿勢

【問診】
昨日1日立ち仕事でした。基本的には座り仕事が多いです。今日朝起きた時から腰が痛くて起き上がりや、顔洗う動作、靴下を履く動作などがつらくて不自由な状態でした。またここ何年間あまり運動していなかったので、それも腰に悪かったのかもしれません。

【治療と経過】
治療は骨盤環境を整える事、補助の為に治療の最後にテーピングを利用しました。初回の治療で痛みはまだ残っていましたが、随分動きやすくなった気がするとのことでした。5日後2回目来院時には痛みはほぼ無い状態でした。ただし腰の重さが残っているのと背骨の硬さは残っていました。3回目の治療時には腰の症状は消えていました。ただ背中の硬さ、猫背がまだ強くある状態だったので現在継続して姿勢の改善のため、背骨の調整を行っています。

【カイロプラクターからのコメント】
この方は軽いぎっくり腰の状態で、少し炎症反応がありました。おそらく座り仕事で腰の歪みを作ってしまったのと、運動不足から股関節の筋肉の硬さがもともとあったと考えられます。そこに長時間の立ち仕事を行ったので腰に強い負荷がかかってしまい傷めてしまったのでしょう。そこで腰の患部への負担を軽減させるため、骨盤の調整や腰のテーピングを行いました。初回の治療後は炎症がある分少し痛みは残りましたが、前屈みの可動域が随分広がりました。3回目の治療時には痛みは無くなっていました。しかしこの方は運動不足で筋肉が固くなり、猫背姿勢が強かったので予防の為に全身の硬さや歪みを整える事を現在行っている所です。

50歳 女性 物を持ち上げようと屈んだ時に腰を傷めました

2014年9月24日 カテゴリ:

【主な症状】
①腰が痛い
②右足までピリッとした痛み
③足全体が重だるい

【問診】
一週間前、仕事が忙しくて立ちっぱなしが多くなっていました。その週末に物を持ち上げようと屈んだ時に腰がグキっといきました。その日から2,3日はほぼ寝たきりになってしまいました。4日目ぐらいから痛みは落ち着いてきて、現在は歩く事はできます。しかし腰の下のほうが常に重たい感覚があり、たまに右足がピリッと痛みます。仰向けで寝るのがつらいです。また腰を痛めるのが怖いのでずっと骨盤ベルトを着用しています。

【治療と経過】
初回から積極的な腰のゆがみ、股関節の調整を行いました。下半身の疲労感や硬さを取るために緩和操作やストレッチを行いました。骨盤ベルトははずすよう指導しました。2回目来院された時は大分痛みは軽減していましたが、まだ重たいような違和感が腰の下のほうに残っていました。経過はよかったので継続して治療を行いました。4回目の治療時には腰の重さは9割がた改善されました。その後はメンテナンス治療を2週に1回行っています。

【カイロプラクターからのコメント】
この方は日頃立ちっぱなしで足の疲労感が強く特に股関節の硬さが際立っていました。この股関節の硬さの影響で、屈んだ時に腰への負荷が強くなり傷める結果になったと考えられます。特に腰の一番下の関節が強くずれておりその周辺の筋肉が緊張してしまった事で腰の重さにつながっていました。また骨盤ベルトをしていたことでそれに頼ってしまうため腰の筋肉が弱ってしまうので早急に骨盤ベルトをはずしてもらい積極的に腰を動かすようにアドバイスしていきました。
骨盤ベルトは急性期はとても効果的ですが慢性期に入ってくると早めにはずし腰周りのリハビリを行っていくことが重要です。

35歳 男性 一年に一回必ずぎっくり腰になる

2014年8月20日 カテゴリ:

【主な症状】
①常に腰が重だるい
②前かがみが辛い
③座った姿勢から立ち上がるときに痛み

【問診】
過去にぎっくり腰が一年に一回ぐらいの頻度で起こっています。通常は重たい感じが腰にあるだけでそれほど痛みがあるわけではないです。最近何となく腰の違和感が強くなっている気がして早めに予防できないかなと考えカイロプラクティック治療を受けることを決めました。

【治療と経過】
骨盤の歪みと腰周囲の筋肉の硬結を取り除くことを行いました。初回の治療から腰がすっきりしたと のことで違和感はなくなっていました。その後継続して3回治療を行った結果骨盤の状態は整いまし た。現在月1回のメンテナンス治療を行っており、ぎっくり腰は起こっていません。

【カイロプラクターからのコメント】
今回の患者さんの問題は骨盤の強い歪みでした。歪みが強い事で足の長さで左右異なり身体全身がア ンバランスな状態で、疲れが取れにくい体になっていました。そのため蓄積された腰への疲労がとれず、筋肉は固くなりそれがぎっくり腰の原因になっていたと考えられます。そのため骨盤の状態はメ ンテナンスしておけば大きな腰痛にはなり難いと考え治療後もメンテナンス治療を月1回行っていま
す。

60歳 男性 束ねた新聞を持ち上げて腰痛

2014年8月16日 カテゴリ:

【主な症状】
①右腰が痛い
②顔洗う時に強い痛み
③身体を捻ると痛み

【問診】
4日前に家の掃除と整理をしていましたが、その時束ねておいた新聞を持ち上げようとした時に右腰に強い痛みが走りました。そのままその場は動けず、横になっていました。徐々に落ち着いてきましたが、いまだに身体を前に倒す事や身体を捻る事が痛くて出来ません。趣味でゴルフをやっているのですが、2週間後ゴルフがあるので早く治したい。

【治療と経過】
股関節の調整を行い柔軟性をつけていきました。もちろん骨盤も痛みが出ない範囲で整えていきました。初回の治療で前屈みや身体の捻りの可動域があがりました。痛みはまだ重たい感じが残っていましたが、その後の2回の治療でその重さも無くなりました。ゴルフにも間に合い、いつもより飛距離が出るとのことで継続してお身体のメンテナンスを希望されました。

【カイロプラクターからのコメント】
ゴルフというのは股関節をとても酷使するスポーツです。またこの方はお仕事がデスクワークのため股関節は常に曲げている状態でした。そのた股関節がとても固くなっていて、動作の中で腰への負担がとても強くなっていました。その状態で重い新聞紙の束を無造作に持ち上げた事で腰を痛めたと考えられます。そのため治療は股関節の状態を整える事を中心に行いました。

31歳 男性 ぎっくり後から治らない重たい腰の痛み

2014年8月10日 カテゴリ:

【主な症状】
①椅子から立ち上がるときに痛み
②座っていると腰に重さを感じる

【問診】
5ヶ月前ぐらいに赤ちゃんを抱っこしようとした時にぎっくり腰をやってしまいました。その後は強い腰痛は治まりましたが、朝の動き出しや赤ちゃんを抱っこする時の痛みは今でもあります。また座りっ放しになっても腰が重たくなってくる感じがあります。湿布を張ったりと対処してきましたが、あまり効果がありませんでした。

【治療と経過】
骨盤周りの筋バランスや歪みの調整を行い、十分に股関節の筋肉へのストレッチを行いました。初回から効果が出て、痛みは半減しました。2回目にいらした時は少し痛みは戻ってきてしまっていましたが、ストレッチの指導を行い家庭で実践してもらうことで4回目の治療時にはほとんど痛みを感じなくなっていました。

【カイロプラクターからのコメント】
ぎっくり腰の多くは急に傷めるのではなく、長年の腰へのストレスが蓄積され、それが限界を超えた時起こります。今回のケースは長年のデスクワークで弱ってしまっている腰へ、赤ちゃんを持ち上げるという動作に耐えられなくなってしまったのでしょう。ぎっくり腰の影響も合わさって腰や股関節の筋肉に柔軟性が無く、伸び縮みがスムーズではないことが現在の痛みにつながっているようです。今回はそれらをカイロプラクティック治療とご家庭でのストレッチやエクササイズで改善予防を図る事ができました。

40歳 男性 何度もぎっくり腰を繰り返す

2014年7月29日 カテゴリ:

【主な症状】
①立ち上がりが強い痛み
②朝起きた時に痛み

【問診】
最近何度もぎっくり腰になって困っています。一番近くて2週間前に1回やりました。2日ぐらい痛みで ほとんど動けない状態でしたが、今はそれほどではないです。ただ椅子から立ち上がるときや朝起きた 時が痛みが走ります。

【治療と経過】
腰や骨盤の調整と腰を支持する筋肉へ柔軟性をつける治療を行って行きました。初回の治療後立ち上が りの痛みはなくなりました。しかし2,3日後には立ち上がりの痛みは感じるようになっていました。そ の後3回の治療を行う事で、朝起きた時や立ち上がりの痛みは感じなくなっていました。

【カイロプラクターからのコメント】
腰の支持する筋肉がとても硬く、機能していない状態でした。そのためぎっくり腰を起こしやすくなっ ていたと考えられます。その筋肉が硬くなっている原因は骨盤の歪みが強くなっている事でした。それ らを取り除く事を4回ぐらいで痛みはなくなりました。また筋肉が硬くなりやすいので、日々のストレ ッチを心がけていただくようアドバイスしていたことが早い改善につながったと考えられます

1 2

アクセス

  • JR・東京メトロ 錦糸町駅より 徒歩2分
  • 都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分
  • 錦糸町の整体コアカイロ錦糸町 TOP
  • スタッフ紹介
  • 症状別症例
  • 院内・設備紹介
  • アクセス・料金
トップに戻る