症例報告

44歳 女性 主婦 左のお尻から足にかけての重だるさ

2015年7月23日 カテゴリ:

【主訴】
左大腿部の重だるさ
左お尻の痛み

【問診】
引越しの準備のため、しゃがんだり立ち上がったりを繰り返していたらお尻に痛みを感じ
その後からお尻から足にかけて痛みというか重さを感じるようになりました。
前かがみになるとお尻から足にかけて痛みが走ります。

【治療と経過】
梨状筋というお尻の筋肉が原因となっていると考えられたので、そこの負担を取り除く治療を行いました。
骨盤部を整え、梨状筋周りの筋への緩和操作を行っていきました。
3回の治療で最初の痛みから8割ほど改善しました。

【カイロプラクターからのコメント】
検査でこの方は梨状筋症候群であると判断できました。梨状筋とは骨盤の仙骨から股関節に付着している筋肉で
しゃがんだり立ったりの繰り返しでこの筋肉を傷めてしまったと考えられます。
治療はこの痛んだ筋肉へはあまり直接ほぐすことは避け、周りの筋や骨盤へのアプローチで改善を図りました。

42歳 男性 お尻から足にかけてのいやな痛み

2014年12月1日 カテゴリ:

【主な症状】
①左殿部から足にかけての痛み
②左肩から腕にかけての痛み
③全身の硬さ

【問診】
全身が昔から硬かったです。数年前まではテニスをやったり運動していましたがここ何年かは運動をしていません。またテニスをやっている頃からあまりストレッチの習慣はありませんでした。それが原因かはわかりませんが、運動をやめてから左お尻から足にかけて何ともいえない嫌な痛みを感じるようになりました。マッサージにもいきますがあまりスッキリしません。

【治療と経過】
神経学検査、整形外科検査などで異常はありませんでした。積極的に歪み硬くなっている背骨やお尻の筋肉、肩甲骨周りの筋肉への調整を行いました。特に股関節の筋肉、胸の筋肉へのストレッチをしっかり行う事で可動域の向上を図っていきました。初回の治療後はとてもスッキリされたようでした。ただし2,3日ほどしか持たなかったようです。その後繰り返し6回の治療を行った時点では一週間はいい状態で保てるようになっていました。
ストレッチやエクササイズを指導し、毎日行ってもらう事で今では2週間に1回のペースのメンテナンス治療でもきつい身体の状態にならなくなってきたようです。

【カイロプラクターからのコメント】
腕も足も筋肉のトリガーポイントが原因でした。運動不足のうえ、お仕事ではほとんど座りっぱなしになることで、股関節周りの筋肉や肩甲骨周りの筋肉がガチガチになってしまい症状を引き起こす筋肉の硬結を形成してしまったと考えられます。
またこの方は以前はハードに運動されていたようですがその頃からストレッチをあまり行っていなかったようで、それが特に筋肉の短縮という筋肉が組織的に短くなってしまう状態を生んでいました。そのため今回のケースではゆがみの調整や筋肉の緩和操作だけでなく、ストレッチを行い筋肉の短縮を改善させていくことも重要でした。
改善はしており、コンディションは上がってきているのですが、どうしてもお仕事が最近とても忙しく、座りっぱなしが続くので2週に一回は治療を受けていただくようにしてい

26才 男性 トリガーポイントによる腰痛と太もものシビレ

2014年11月5日 カテゴリ:

【主な症状】
①左もも裏の痺れる様な痛み
②左右の臀部痛
③左腰痛
④両肩の肩こり

【問診】
今年の4月から長時間座っていると左臀部~左太もも裏が痺れるような痛みが出るようになった。
そのまま我慢していたが7月中旬から悪化し始め、左腰まで痛むようになってしまった。
また、右の臀部も時々痛む。
イスの高さを変えたら多少は良くなった感じがする。
整形外科ではレントゲン撮影の結果、椎間板が退化していることによる坐骨神経痛と診断され、痛み止めを処方されたが、改善はしていない。

【主な症状】
①左もも裏の痺れる様な痛み
②左右の臀部痛
③左腰痛
④両肩の肩こり

【治療と経過】
初回の施術では下半身の筋肉が緊張し、硬くなっていたので筋肉の緩和操作を行い、骨盤、脊椎全体の矯正を行いました。また、もも裏とふくらはぎのストレッチを毎日行うように指導しました。合わせてイスの座り方や高さも指導しました。
2回目の施術では、もも裏の痛みとシビレは大分楽になったが、まだお尻の奥の方に痛みを感じること。長時間座っていると左腰に違和感を感じることがあると報告を受けました。施術内容は初回と同様に緩和操作と矯正を行い、新たに体側面のストレッチを指導しました。
3回目の施術では、ほとんど症状は出なくなったがまだ若干お尻が痛いと報告を受けました。施術の内容はこれまでと同様に全身の緩和操作と矯正を行いました。
ここまで1週間に1度のペースで通っていただいてました。
現在も再発予防とメンテナンスの為に2~3週間に1度のペースで通っていただいています。

【カイロプラクターからもコメント】
結論からですが、この方の訴えていた症状は『梨状筋の筋筋膜性疼痛症候群』によるものと考えられます。
梨状筋はお尻の奥にある股関節の外旋筋ですが、この筋肉が圧迫され続けていると、その奥にある『坐骨神経』が障害されて『坐骨神経痛』が出ます。
ですが、この方の症状は上記のものではなく、梨状筋にトリガーポイントという『しこり』が出来て、それが圧迫されることで痺れ様の痛みを出していたものと推測されます。
FAIRテストという整形外科検査でも痛みが誘発されており、皮膚の感覚異常や筋力低下などは一切出現しておらず、長時間の座位や歩行をすることで症状が出現していたので、神経の絞約ではなくトリガーポイントだと仮説を立てて、施術を行いました。
梨状筋に負担をかけるような座り方や姿勢を改善すると共に、股関節周囲の筋肉を緩和することで下肢全体の連動性を整えることで症状が改善したものと考えられます。

39才 女性 妊娠中の臀部痛

2014年10月31日 カテゴリ:

【主な症状】
①右の臀部から太もも裏にかけての痛み
②右の骨盤付近の痛み

【問診】
現在妊娠9ヶ月目。10日ほど前から右臀部の奥のほうが痛みだした。
我慢していたが、徐々に痛みが広がって来ていて、現在は右の太ももの裏側も痛い。
また、右の骨盤と腰の間ぐらいも痛くなってきた。
立ち止まっている状態から歩き出すときが一番痛みが強くなる。

【治療と経過】
初診の施術では下半身全体の筋肉の緊張が強かったので、下半身を中心に筋肉の緩和操作と後傾が 強く出ていた右骨盤および脊椎全体の矯正を行いました。
2回目の施術では、翌日の夜に痛みが薄れていってかなり楽になったと報告を頂きました。骨盤の 状態も改善しており、右骨盤の後傾は出ていませんでした。ですので、負担の掛かりやすい臀部、下 半身の緩和操作を行いました。また、トコちゃんベルトの巻き方も指導しました。
現在も1週間~10日に1度のペースで施術を受けていただいています。

【カイロプラクターからのコメント】
典型的な妊娠後期の臀部痛だと思われます。
妊娠中はリラキシンというホルモンが出ます。これは靭帯の結合を弱め、関節の固定力を低下させ ます。こうして骨盤が緩むことによって産道が開きやすくなり、赤ちゃんがスムーズに出て来れるよ うになります。ですが、リラキシンは骨盤だけではなく、その他の関節にも効いてしまいます。結果 、固定力の下がった関節のフォローを筋肉がするのですが、常に同じ箇所に負荷が掛かっていると筋 肉も疲れてしまいます。
この妊婦さんも足や股関節周辺の筋肉が疲労し、硬くなっていました。その為、お尻の奥にある梨 状筋という筋肉にまで負担が掛かるようになっていたと考えられます。
梨状筋にトリガーポイントという筋肉のしこりが出来てしまうと、臀部~太ももの裏にかけて痛み が走ることがあります。
この女性の場合は同じ姿勢を取り続けることでトリガーポイントを刺激してしまい、今回の症状を 出していたのだと考えられます。
股関節周辺の筋肉の負担を軽減するためにもトコちゃんベルトは活用して頂いたほうが良いと考え られます。

38歳 男性 腰痛を伴った右殿部(お尻)の痛み

2014年10月22日 カテゴリ:

【主な症状】
①前後屈両方で痛みが出る。
②長く座っているとも腰~右殿部が痛くなり、もじもじ動きたくなる。

【問診】
仕事上、長時間の会議が多く、座っていることが多いです。ここ最近長く座っていると右側の腰が痛 くなり、その後右の殿部が痛くなって来ます。以前はこのような症状が出たことが無いので心配で来 院しました。

【治療と経過】
右の仙腸関節のゆがみから来ていると判断し、右の仙腸関節の周囲の殿筋群や腰部の筋肉へ緩和操作 を行い、右の仙腸関節のゆがみを取りました。その場では症状がすっきりしました。しかし、2日後 ぐらいからまただんだんと痛みが出てきました。2~3回の治療で改善していましたが、長い会議の 中で、座り方によっては、非常に痛みを出すことから、まだ1週間に1度のペースで来て頂きました
。5~6回で痛みの出方が腰だけになりました。2週間に1度のペースでしっかり固まった腰の筋肉 をゆるめるように治療をすることで、長い会議にも調子よく向かえるようになりました。現在は3週 間に1度のペースでメンテナンスを行っています。

【カイロプラクターからのコメント】
今回の症状は、長い会議によって起こりました。本当に一日中じっとしているような会議が多く、そ の際、右側に片寄るようにして右側だけに体重をかけている姿勢が長かったようです。そのため骨盤 のゆがみが生じて右側の殿部や腰に負担をかけやすい状態になっていました。
また椎間板(腰のクッション)に対しての負担は立っている時より、座っている時に多くかかる事が 分かっています。
つまり出来る限り、左右対称に体重をかける。そして、じっと座っている時間を減らして行くような 対策で腰痛は起こりにくくなるはずです。
これからは姿勢など少し気にしてみてください。
それでも解決しない時は錦糸町の整体、コア・カイロプラクティック錦糸町にご相談下さい。

44歳 男性 お尻が痛くて前屈みになれない

2014年9月6日 カテゴリ:

【主な症状】
①前屈みでお尻の痛み
②歩くとお尻に痛み
③朝起き上がりが痛い

【問診】
歩行や前屈みでお尻がとても痛くなります。この痛みは半年前にもあったのですが、その時は2、3日で治ったのですが今回は2週間ぐらいずっと痛みが継続してあります。仕事は内装工事なので立ち仕事がほとんどでかなり辛いです。またサーフィンも毎週行っているので、早く解決したいと思いこちらのお店をホームページで探しました。

【治療と経過】
初回の治療は強い刺激の治療は避け、筋バランスを整えることをゆっくりと行いました。さらにテーピングを使いお尻への負担を減らしました。5日後に2回目の治療を行いました。その時は前かがみの痛みは少しあるが、歩行時の痛みは大分軽減していました。2回目からは積極的に骨盤や股関節へのカイロプラクティック治療を行いました。3回目には歩行時の痛みはなくなり、お尻に重い痛みが残っているぐらいになりました。治療経過はよいのでプランをかえず前回の継続治療を行いました。5回目の治療時には痛みはほぼ改善されました。

【カイロプラクターからのコメント】
この方は全身が硬く疲労感がとてもありました。お仕事が立ち仕事で天井の作業が多いのと、サーフィンでのパドリングの姿勢が腰やお尻への負荷を強くしていると考えられます。また骨盤のゆがみが強いのと股関節の柔軟性が低い事でさらにお尻への負担が強くなっていました。初回は炎症反応があり強い調整は適さないと判断し、緩和操作やテーピングを利用しました。それ以降は炎症もおさまり積極的な治療が行え5回でほぼ改善されました。
この方は日頃からだへの負担の大きい仕事と趣味をされているので定期的なメンテナンスが必要と考えています。

31歳 女性 ぎっくり腰をやってから腰痛が慢性化している

2014年7月19日 カテゴリ:

【主な症状】
①腰の重い感覚
②左右のお尻の外側が重だるい

【問診】
7ヶ月前に強いぎっくり腰になりました。その瞬間は動けないほどの激痛でした。その後は動けるようになって来ましたが、今だに腰やお尻に重だるさがあります。お風呂に入ると少し楽になります。しかし仕事が看護士ということで中腰姿勢が多いので仕事の後は痛みが増しています。

【治療と経過】
骨盤や腰の捻れをととのえ、その周りの柔軟性の欠けた筋肉を緩和操作していきました。4回の治療で痛みは9割方なくなりました。現在はストレッチの指導と2週に1回のケアを行って、経過は順調です。

【カイロプラクターからのコメント】
この方の腰の慢性化の原因は骨盤や腰がゆがみ硬くなり、そこに付着している筋肉群が緊張してしまっている事でした。ぎっくり腰を起こす時は骨盤や腰がゆがんでいたり、周囲の筋肉の柔軟性が欠けている事が多く、それを放置してしまうと慢性化してしまうことがあります。慢性腰痛でお悩みのかたは一度カイロプラクティック治療を試してみませんか?

錦糸町 整体 ぎっくり腰

46歳 男性 歩行時に右お尻周辺に痛み

2014年7月15日 カテゴリ:

【主な症状】
①歩くと右お尻に痛みがある
②ひどい時はふくらはぎまで痛み
③先天的な右股関節形成不全である

【問診】
歩くとお尻が痛いという状況がここ2週間続いています。ひどい時はふくらはぎも痛くなってきます。鍼灸やマッサージも受けましたが、あまり改善されなかったのでカイロプラクティックは効果があるのではないかと考え、コアカイロにお邪魔する事にしました。

【治療と経過】
右股関節周囲の筋肉や骨盤の関節の調整を行いました。また足の長さが右足が短くなっていたので靴にパットを入れるよう指導しました。徐々に歩ける距離も伸びていき、結果的に7回ぐらいの治療で痛みは改善されました。ただし先天的な股関節形成不全があるため、定期的なメンテナンス治療を行っています。

【カイロプラクターからのコメント】
先天的な股関節形性不全のためか、右足が(解剖学的短下肢)短くなっていました。この左右の脚の長さの不均衡が歩行時に大変右お尻周辺に負担をかけてしまい、蓄積されたものが現在症状として表に出てきていると考えられます。治療はこの脚の長さを靴パットを利用して整え、さらにはカイロプラクティック治療で骨盤や腰の歪みを取り除くことで改善しました。

錦糸町 整体 お尻の痛み

アクセス

  • JR・東京メトロ 錦糸町駅より 徒歩2分
  • 都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分
  • 錦糸町の整体コアカイロ錦糸町 TOP
  • スタッフ紹介
  • 症状別症例
  • 院内・設備紹介
  • アクセス・料金
トップに戻る