症例報告

42歳 男性 お尻から足にかけてのいやな痛み

2014年12月1日 カテゴリ:

【主な症状】
①左殿部から足にかけての痛み
②左肩から腕にかけての痛み
③全身の硬さ

【問診】
全身が昔から硬かったです。数年前まではテニスをやったり運動していましたがここ何年かは運動をしていません。またテニスをやっている頃からあまりストレッチの習慣はありませんでした。それが原因かはわかりませんが、運動をやめてから左お尻から足にかけて何ともいえない嫌な痛みを感じるようになりました。マッサージにもいきますがあまりスッキリしません。

【治療と経過】
神経学検査、整形外科検査などで異常はありませんでした。積極的に歪み硬くなっている背骨やお尻の筋肉、肩甲骨周りの筋肉への調整を行いました。特に股関節の筋肉、胸の筋肉へのストレッチをしっかり行う事で可動域の向上を図っていきました。初回の治療後はとてもスッキリされたようでした。ただし2,3日ほどしか持たなかったようです。その後繰り返し6回の治療を行った時点では一週間はいい状態で保てるようになっていました。
ストレッチやエクササイズを指導し、毎日行ってもらう事で今では2週間に1回のペースのメンテナンス治療でもきつい身体の状態にならなくなってきたようです。

【カイロプラクターからのコメント】
腕も足も筋肉のトリガーポイントが原因でした。運動不足のうえ、お仕事ではほとんど座りっぱなしになることで、股関節周りの筋肉や肩甲骨周りの筋肉がガチガチになってしまい症状を引き起こす筋肉の硬結を形成してしまったと考えられます。
またこの方は以前はハードに運動されていたようですがその頃からストレッチをあまり行っていなかったようで、それが特に筋肉の短縮という筋肉が組織的に短くなってしまう状態を生んでいました。そのため今回のケースではゆがみの調整や筋肉の緩和操作だけでなく、ストレッチを行い筋肉の短縮を改善させていくことも重要でした。
改善はしており、コンディションは上がってきているのですが、どうしてもお仕事が最近とても忙しく、座りっぱなしが続くので2週に一回は治療を受けていただくようにしてい

アクセス

  • JR・東京メトロ 錦糸町駅より 徒歩2分
  • 都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分
  • トップ
  • スタッフ紹介
  • 症状別症例
  • 院内・設備紹介
  • アクセス・料金
トップに戻る