症例報告

33才 男性 慢性的な倦怠感と肩こり、腰痛

2015年2月6日 カテゴリ:

【主な症状】
①肩こり
②腰痛
③慢性的な体の倦怠感

【問診】
今年の4月に転職をし、デスクワーク中心の仕事になりました。それ以降、肩こり、腰痛、全身の倦怠感を感じるようになりました。整体やマッサージなどに通いましたが、あまり効果を感じることが出来ず、知人の紹介でこちらに来院しました。

【治療と経過】
初回の施術では、中背部の盛り上がりがかなり強く、首の前傾も相対的に強くなっていました。その為に首~肩にかけて繋がっている筋群の過度な緊張が認められました。骨盤の後傾および左右のねじれも大きく出ていましたので、パッと見た印象は上半身を折りたたんでいるような姿勢でした。
施術の内容は全身の筋肉の緩和操作と骨盤、背骨の矯正を行いました。また、下半身のストレッチを指導し、なるべく毎日行うようにして頂きました。

2回目の施術は1週間後に行いました。姿勢に大きな変化はまだ感じていないが、施術後は体が軽く、熟睡できた。また、腰痛と肩こりも以前に比べて軽い感じがすると報告を頂きました。
施術の内容は前回と同様に全身の緩和操作と骨盤、背骨の矯正を行いました。また、ジョギングをしていると膝が痛むことがあったとのことなので、足首、膝、股関節のチェックと矯正も追加で行いました。

3回目の施術も1週間後に行いました。
姿勢が徐々に変わり始めた感じが出てきて、最近視線が高くなったように感じる。また、この1週間は腰痛が1度も無かったとの報告を頂きました。
施術は2回目と同様に全身の緩和操作、骨盤、背骨、股関節の矯正を行いました。
また、新たに上半身のストレッチも追加で指導し、こちらもなるべく毎日行うようにして頂きました。

4回目以降の施術は2~3週間ごとに行っていきました。来院のたびに客観的に見ても分かるぐらい姿勢が変化していきました。また、腰痛や肩こりもほとんど感じることは無く、仕事が忙しいと多少感じる程度になったと報告を頂きました。

現在では4~5週間に1度のペースでメンテナンスを行いながら、ジョギングの際のコツや筋力トレーニングを指導し、実践して頂いております。

【カイロプラクターからのコメント】
この方はデスクワークによる姿勢の悪化が様々な症状を引き起こしている典型的な状態だったと考えられます。身長が180cmほどある細身の方ですが、デスクとイスがご自分に全く合っていないものを支給されていること。及び、それを全く調整せずに使っていたことで姿勢が徐々に悪くなっていき、肩こり、腰痛、倦怠感を引き起こしたと推測出来ます。
縮んだまま、固まってしまった筋肉を緩和操作とストレッチを行うことで柔軟性を回復させ、弱ってしまっている筋肉のトレーニングを行うことで、筋力バランスが整い、症状の改善、および早期の姿勢改善に繋がったケースだと考えております。

この方の様なケースでお悩みの方は非常に多く、いらっしゃいます。
ストレッチや筋力トレーニングも指導いたしておりますので、お悩みの方はぜひ1度来院してみて下さい。

アクセス

  • JR・東京メトロ 錦糸町駅より 徒歩2分
  • 都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分
  • トップ
  • スタッフ紹介
  • 症状別症例
  • 院内・設備紹介
  • アクセス・料金
トップに戻る