症例報告

30才 男性 慢性的な肩こりとフワフワしためまい

2015年1月16日 カテゴリ:

【主な症状】
①フワフワしためまい
②慢性的な肩こり
③眠りが浅い

【問診】
1ヶ月ほど前から急にめまいが起きるようになりました。
朝、ベッドから立ち上がるとすぐに前後に揺れる感じのめまいが起きます。
耳鳴りもするので、耳鼻科ではメニエール病の可能性があると言われ、薬を処方されたのですが、あまり効果を感じていません。
また、慢性的な肩こりにも悩んでおり、こちらも改善できればと思い来院しました。

【治療と経過】
初回の施術時は上背部から頚部にかけて筋肉の緊張が強く、首周辺の筋肉や手もかなり冷たかったので血行不良による頚性めまいの可能性を視野にいれ施術を行うことを説明いたしました。また、胸椎の前湾もかなり強かったので背中~首、胸の筋肉の緩和操作と骨盤、背骨の矯正を行いました。

2回目の施術は1週間後に行いました。
前回の施術後、肩こりや体の疲れはすっきりして体が軽い感じはあったが、めまいはさほど変化がなかったと報告を頂きました。
施術の内容は、下半身の筋肉の緩和操作を前回の内容に追加で行いました。また、足底筋膜がかなり緊張し、足の指が反り返っていたので、足関節の矯正、膝関節周辺の矯正も行い、さらに足裏にキネシオテープを貼りました。
その後、立ち上がっていただくとめまいの症状がかなり軽減したとその場でご報告を頂きました。

現在も経過を見ながら、1週間に1度のペースで施術を受けて頂いております。

【カイロプラクターからのコメント】
この方は問診の時点でメニエール病の可能性は低いと考えておりました。メニエール病は『耳鳴、難聴、激しい回転性のめまい、耳閉感の4つが同時に起こり、一旦症状が治まっても数日~数ヶ月単位で繰り返すもの』という診断基準があるのですが、この方は『浮遊感、めまい』はあっても『難聴、耳閉感』は全くなかったからです。
ですが、めまいは様々なことが原因で起きます。前述したように『頚性めまい』というものを疑っておりますが、その根底は足の指の機能不全である可能性があります。頚性めまいは『首の筋肉や関節などが原因で起こるめまい』ですが、首の状態は全身からの影響で変わります。この方はそれが足の裏の筋肉や足の指から始まっていると思われます。
まだ、症状の消失には至っておりませんが、経過をみながら改善するように尽力していきたいと考えております。

アクセス

  • JR・東京メトロ 錦糸町駅より 徒歩2分
  • 都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分
  • トップ
  • スタッフ紹介
  • 症状別症例
  • 院内・設備紹介
  • アクセス・料金
トップに戻る