ブログ

【秋から冬にかけて起こりやすい病気[溶連菌感染症]】

2017年10月20日 カテゴリ:スタッフブログ

皆様こんにちは。
コア・カイロプラクティック錦糸町スタッフの矢永です。

10月ももう時期終わり今年もあと少しになりましたね。
秋は、行楽・運動会・お祭りなどの行事が多い季節で、野外での調理、食事の機会も多くなってまいります。また、夏バテで体力が落ちたまま身体の抵抗力が弱ってしまいがちなので体調管理には気を付けましょう。

今回からいくつかこの時期に発症しやすい病気を紹介していきます。
今回は[溶連菌感染症]について書かせていただきます。

[溶連菌感染症]とは、
5〜15歳の子供に発症しやすく、保育園・幼稚園や学校なので集団感染しやすい病気です。寒くなり始める時期にピークを迎え、溶連菌に感染すると別の大きな病気を合併症として引き起こしてしまう可能性があるのでしっかり対策していきましょう。

主な症状
・38〜39度の熱や喉の痛みや吐き気など風邪に似た症状があります
(熱が出ずに喉が少し痛む程度で終わる場合もあります。)
・舌にイチゴのように赤いブツブツができる(イチゴ舌)
・手首や首、また股関節などに小さな赤い発疹がみられる
・2週間前後で手足の皮がむけることがある

感染経路
飛沫(ひまつ)感染と呼ばれ、他人の咳やくしゃみにかかってしまった場合や、菌の付いてしまった手すりなどを触ってしまい自身の口や鼻を触ってしまうことで身体に入り感染します。毎年寒くなる冬の時期に流行するのですが風邪と間違えられやすいので注意が必要です。

対策
手洗い・うがいを徹底しましょう。また家族に感染してしまっている方がいれば同じ食器などは避けるようにしましょう。
溶連菌に感染してしまったら抗生物質を10〜14日ほど飲み続ける必要があります。完治の確認は2〜3週間後に検査をしてわかるので、症状がおさまったからといって自己判断ではなくしっかりと医師の診察を受けましょう。
また大人でも身体が疲れて抵抗力が落ちている時や妊婦さんも感染しやすいので注意しましょう。

カイロプラクティック治療で普段から少しでも身体を元気に抵抗力が落ちないように予防としてメンテナンスはオススメです。
カイロプラクティックでこの時期に病気に負けない身体作りをしていきましょう。

秋から冬にかけて起こりやすい病気
インフルエンザ
ノロウイルス
RSウイルス感染症

アクセス

  • JR・東京メトロ 錦糸町駅より 徒歩2分
  • 都営バス 錦糸町駅前 都02 都68 錦37より徒歩2分
  • 錦糸町の整体コアカイロ錦糸町 TOP
  • スタッフ紹介
  • 症状別症例
  • 院内・設備紹介
  • アクセス・料金

カイロプラクティックとは

整体とカイロ

治療の流れ

肩こり

腰痛

妊娠中・産後の腰痛

スポーツ外傷

よくある質問

診療科目

診療時間

診療時間
月~金―10:00~21:00
土日祝―09:00~18:00

スタッフシフト

関連施設

亀戸整体院コア
取れない痛みの根本改善、妊娠中、産後の骨盤矯正
亀戸駅徒歩4分
トップに戻る